湘南美容クリニック池袋西口院 院長の本間です。

今回のテーマは「小顔術」です。

お顔の大きさにコンプレックスを抱えている方はいませんか。

「エラが張っている」「顔が丸い」「顔は痩せない」など様々なお悩みがあります。

お顔は身体のパーツの中でも、痩せるのが難しいと言われています。また年齢に伴って、 たるみにより皮膚や脂肪が下垂してき たり、むくみがとれなかったりが目立つようになっていきます。

誰しもが憧れる「小顔になりたい」を実現するのが小顔術です。

一言で小顔術といっても、実は様々な種類があります。注射や超音波による切らない方法、そして手術によってフェイスラインを整える方法、さらには脂肪吸引もあり、いずれにもメリット・デメリットが存在します。

今回は小顔整形の施術について詳しく解説していきます。

小顔に見えない原因

小顔に見えない主な原因には以下のようなものが挙げられます。

・脂肪(頬や顎下の皮下脂肪、バッカルファット等)

・骨格(エラ(下顎骨)が張っている、顎が小さい)

・筋肉(咬筋)

・たるみ

もちろん他の要素も絡んできますが、今回は代表的なこれらを解決する方法を解説していきます。

小顔術の種類

1)切らない小顔術

超音波治療

HIFU(ハイフ)療法と呼ばれ、皮膚の深い部分に超音波を照射することで、たるみを改善したり、リフトアップに効果のある施術方法。

顔全体が引き締まり、リフトアップされることでシャープな印象を与え、小顔に見える顔立ちを目指せます。

皮膚層の中でも脂肪と筋肉の間にあるSMAS層に超音波を照射し、熱を加えることでコラーゲンが縮みます。縮んだコラーゲンを修復しようと新陳代謝が活性化されることでコラーゲンが増生されるため、肌に張りが生まれリフトアップ効果が期待できるという仕組みです。

肌の深部にピンポイントで熱を与えるので、肌表面に傷がつくことがなくダウンタイムが短いのが特徴です。(ほとんどの方は当日からメイクが可能)

施術の副作用:フェイスラインの熱感、痛みを感じることがあります。その他、内出血、知覚麻痺、むくみ、火傷などを生じることがあります。

注射

1)脂肪溶解注射

皮膚に脂肪を溶かす効果のある注射を行うことで、脂肪を身体の外に排出させる施術方法。

皮膚を切ることがないので、体への負担が少なく敷居が低くい点がメリットと言えます。

一方で溶けた脂肪の排出までには時間がかかる上、 脂肪の量によっては複数回の施術が必要になるため、短期間での効果を実感しづらいというデメリットがあります。

2)ボトックス注射

ボツリヌス毒素を用いて神経伝達を阻害することで筋肉の動きを抑えることにより特定の部位の筋肉を小さくすることができる施術方法。

手軽に施術でき、費用もお手頃なため初めての方にもオススメです。
(湘南美容クリニックの場合、両顎8,800円~)

エラ(咬筋)が張っている方に向いています。 また、表情じわに対しての効果もあります。

3ヶ月~6ヶ月程度効果が持続します。

TVホスピタルの編集者さんにも実際に施術を受けていただいた症例がこちらです。

TVホスピタル編集者

施術の副作用(リスク):内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じる事があります。稀にアレルギー、感染、痺れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、などを生じることがあります。

2)手術による小顔術

骨切り

気になる骨格に対して直接アプローチすることで理想の小顔に近づける施術方法。

あご、頬、エラなど、気になる部位の骨を切除したり移動したりします。

ボトックスなどとは異なり半永久的な効果が見込めます。

一方で、骨を削ると元には戻せませんし、骨には神経も通っているため後遺症が残る可能性も捨てきれません。信頼できる医師の元での施術を受けるようにしましょう。

全身麻酔下での手術となります。個人差によりますが、術後は腫れ、むくみ、内出血などの症状が出ますので圧迫固定が必要になります。

バッカルファット

バッカルファットとは頬の脂肪の深い層に当たる部分、分かりやすく言うと 口の中で頬を吸いこんだ時に噛んでしまう部分や笑った時につまめる部分のことです。

それを除去することで頬周りがすっきりし小顔効果が狙える施術方法。

バッカルファットは頬の膨らみやブルドッグのようなたるみの原因とされています。また加齢に伴い徐々に下がっていくため、ほうれい線や頬のたるみを促進します。

施術方法は、口の中を数ミリ程度切開しバッカルファットを切除します。頬の内側からのアプローチであるため、皮下出血や青痣になることが少ないのが特徴です。大きくの場合、吸収糸を使用するため抜糸の必要がありません。

3)脂肪吸引による小顔術

最近注目されているのが、身体に負担の少ない特殊な高周波、超音波を使用し、皮下脂肪を柔らかくした後に脂肪を吸引する施術方法。

一口に脂肪吸引といっても、施術する機器や施術方法によって特徴が異なります。

女性は特に顔に脂肪がつきやすいため、小顔を目指す方には脂肪吸引をオススメすることが多いです。

それでは今湘南美容クリニックでトレンドの脂肪吸引方法についてご紹介します。

湘南美容クリニックのトレンド・フェイスライン小顔術

◆アキーセル脂肪吸引

直径約2mmという非常に細い管をを細かく振動させることで脂肪を柔らかくして吸引する施術方法。

あごや二の腕などの細かい範囲での脂肪吸引に向いています。非常に細い管を使用することから、痛みや内出血などの副作用を少なくでき、ダウンタイムを短くすることが可能です。

費用:350,000〜750,000円(お顔の部位、箇所によって異なります)

◆VASER(ベイザー)脂肪吸引

ベイザー波という特殊な超音波を当てることで、神経や血管を傷つけることなく脂肪だけを液状に溶かして吸引する施術方法。

アキーセルよりも吸引する脂肪が液体化するため、容易に吸引できます。 術後の痛み、内出血などをある程度抑えることもメリットです。

小顔美人に見せるポイントは、しっかりと吸引する部分としない部分を見極めることが重要です。ベイザーは狙った脂肪を選択して吸引することが可能です。また脂肪以外の組織、血管、神経を傷をつけないという点において安全性の高さも特徴といえます。

費用:180,000〜750,000円(お顔の部位、箇所によって異なります)

脂肪吸引には高い技術が必要です。経験豊富な医師を選ぶ必要があります。しっかりとカウンセリングを受け、専門の医師にご相談ください。

まとめ

 ・小顔に見えない以下のような原因があり、パーツだけでなく輪郭も影響している。

  •  脂肪
  •  筋肉
  •  骨格

・小顔術には切らない施術手術脂肪吸引、バッカルファット等)などの方法がある。

・切らない施術には超音波(HIFU)注射脂肪溶解注射ボトックス注射)がある。

・手術には骨切りバッカルファット除去、脂肪吸引がある。

・脂肪吸引にはアキーセル、ベイザーなど様々な種類がある。

・湘南美容クリニックでトレンドのフェイスライン小顔術はアキーセル脂肪吸引とベイザー脂肪吸引である。

いかがでしたか?

症例については私のインスタにも紹介しています。ぜひご参考になさって下さい。

instagram @sigeyuki.honma

一人で悩まず、まずは専門の医師にご相談なさるのが良いと思います。

まずはお気軽にカウンセリングにいらして下さい。

湘南美容クリニック池袋西口院 院長

本間重行

湘南美容クリニック池袋西口院ホームページ

フリーダイヤル 0120-489-100

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事