• HOME
  • 保険
  • おすすめの定期型生命保険10選!大人気商品の特徴も完全解説

おすすめの定期型生命保険10選!大人気商品の特徴も完全解説

おすすめ_定期保険_サムネ
保険
定期型生命保険ってどこの商品がおすすめなの?

将来の自分やパートナー、子供のために定期保険に加入しようとしている方は、上記のような疑問を抱いているのではないでしょうか?
保険会社の増加にともない新しい保険商品が次々と登場している昨今、保険選びで迷ってしまう事態は誰にでも起こり得ることです。
今回は定期型生命保険に絞り込み、評判の良いおすすめの保険を10種類紹介します。
ぜひ、定期型生命保険選びの参考にしてみてください。

定期型生命保険について要約

  • 定期型生命保険は保障してもらえる期間が決まっている
  • 保険料は安いが掛け捨てのため貯蓄は出来ない
  • 保険料が安く利用者からの人気も高い定期型生命保険は「メットライフ生命 スーパー割引定期保険」

定期型生命保険とは?

定期保険とは

定期型生命保険とは、以下のような特徴を持つ定期型の死亡保険のことを指します。

生命保険について要約

  • 保険期間が決まっている
  • 終身型に比べて保険料が安い
  • 保険料は掛け捨てとなる
  • 更新も可能だが保険料は値上がりする

保険期間が決まっている

定期型生命保険は保障期間が限られています

10年保障のように保障期間が年単位で決まっていたり、60歳満了保障のように年齢によって期限が設けられていたりするのが一般的です。

終身型に比べて保険料が安い

死亡保険のもう一つの種類である終身型生命保険と比べると、定期型生命保険の保険料は安価になりやすい傾向があります。

死亡保険の種類別保険料の目安(月額)

  • 終身型:3,000円~15,000円
  • 定期型:650円~13,000円

保険料は掛け捨てとなる

定期型生命保険の場合、支払った保険料は原則戻って来ません。

解約をしても終身型のように返戻金は戻ってこないため、貯蓄目的の方には不向きです。

更新も可能だが保険料は値上がりする

定期型生命保険は保険期間が限られていますが、状況に応じて契約を更新することも出来ます。

ただし、更新後はそれまでよりも保険料が高くなる傾向があるので注意が必要です。

定期型生命保険は一時的な保障が欲しい方におすすめ

定期型生命保険_おすすめな人

死亡保険を選ぶ時、以下のような方は終身型よりも定期型の生命保険に加入する方がおすすめです。

定期型生命保険はこんな方におすすめ!

  • 一時的に保障を手厚くしておきたい方
  • 毎月ある保険料の払込負担を小さくしたい方

逆に、以下のような方は定期型に加入するよりも終身型を選んだ方が良い可能性が高いでしょう。

定期型生命保険はこんな方にはイマイチ

  • 生涯にわたって保障を充実させたい方
  • 保障だけでなく貯蓄も目的としている方

定期型生命保険には3つのタイプが存在する

定期型生命保険_種類

定期型生命保険には、以下のような3つのタイプが存在しています。

定期型生命保険はこんな方にはイマイチ

  • 平準定期保険:契約満了まで保険金額が一定のまま
  • 逓減定期保険:保険期限に近付くほど保険金額が下がる
  • 収入保障保険:保険金によって遺族の収入が保障される

保険を選ぶ時には、どのタイプが一番自分に合っているのかも考えておくようにしましょう。

人気のある定期型生命保険の特徴

定期型生命保険_特徴

評判がよく利用者も多い人気の定期型生命保険は、以下のような特徴を持っている傾向があります。

選ばれている定期型生命保険の特徴

  • 保険料がリーズナブル
  • 保険金額と払込期間の選択肢が豊富
  • 健康告知に必要な提出書類が少ない
  • ネットから簡単に申し込める

保険料がリーズナブル

定期型生命保険の場合、保険料が高い商品よりも保険料が安い商品の方が人気な傾向です。

なぜなら、定期型を選択した多くの方が、保険料を安く抑えたいという考えを持っているためです。

保険金額と払込期間の選択肢が豊富

人気のある定期型生命保険は、保険金額の選択肢と払込期間の選択肢が多い傾向にあります。

定期型生命保険には保険期限があるため、保険金額と払込期間を慎重に選ぶ必要があるのです。

健康告知に必要な提出書類が少ない

健康状態を証明するための書類を提出する必要がある商品よりも、アンケートに応えるだけで健康告知が出来る商品の方が人気です。

病院に行く時間がない方などは、意識的に健康診断書の提出が不要な商品を選ぶ傾向があります。

ネットから簡単に申し込める

インターネットが普及して以来、オンライン申込が出来る商品の人気が高まってきています。

資料請求や対面販売のような手間がかからないので、忙しい方には非常に人気です。

利用者からの評判が良いおすすめの定期型生命保険10選

定期型生命保険_10選

実際に加入したユーザーからの評判が良いおすすめの定期型生命保険を10種類紹介します。

メットライフ生命 スーパー割引定期保険

メットライフ

健康な方なら保険料を安く抑えることが出来る保険です。

保険金額や払込期間を自由に選べる点も高く評価されています。

スーパー割引定期保険
申込窓口 資料請求、対面販売、ネット申込
加入できる年齢 25歳〜65歳
保険金額 500万円、1,000万円、2,000万円、3,000万円、4,000万円、5,000万円
保険期間 10年、20年、60歳、65歳
払込期間 10年、20年、60歳、65歳
保険金目安(月額) 640〜19,080円

SBI生命 クリック定期!Neo

クリック定期

オンライン申込が可能で、クレジットカードによる払込も出来る便利な保険です。

保険金を即日で支払うサービスも行っています。

クリック定期!Neo
申込窓口 ネット申込
加入できる年齢 20歳~69歳
保険金額 300万円~1億円
保険期間 10年、15年、20年、25年、30年、55歳、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳
払込期間 10年、15年、20年、25年、30年、55歳、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳
保険金目安(月額) 610円~13,730円

チューリッヒ生命 定期保険プレミアムDX

定期保険

たばこを吸わずに健康な方なら、保険料が月々800円以上も安くなる保険です。

余命宣告を受けた場合も保険料を受け取ることが出来ます。

定期保険プレミアムDX
申込窓口 資料請求、対面販売、ネット申込
加入できる年齢 20歳~69歳
保険金額 200万円〜1億円
保険期間 10年、55歳、60歳、65歳、70歳、90歳
払込期間 10年、55歳、60歳、65歳、70歳、90歳
保険金目安(月額) 900円~16,380円

メディケア生命 メディフィット定期

メディフィット定期

保険料の安さでは業界トップクラスの保険です。

男性は若ければ500円台、女性の場合は300円台まで保険料を抑えることが出来ます。

メディフィット定期
申込窓口 ネット申込
加入できる年齢 20歳~70歳
保険金額 300万円~3,000万円
保険期間 10年、60歳、65歳、80歳
払込期間 10年、60歳、65歳、80歳
保険金目安(月額) 592円~24,206円

アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの定期保険2

定期保険2

ピンポイントでニーズに合った保障を受けることが出来る保険です。

保障内容を必要最小限に抑えれば、保険料をかなり安くすることが出来ます。

アクサダイレクトの定期保険2
申込窓口 ネット申込
加入できる年齢 20歳~69歳
保険金額 500万円〜1億円
保険期間 10年、55歳、60歳、65歳、70歳
払込期間 10年、55歳、60歳、65歳、70歳
保険金目安(月額) 630円~14,840円

オリックス生命保険 ネット専用定期保険Bridge(ブリッジ)

ブリッジ

ネット申込が可能なうえ、対面も電話対応も一切無しのまま契約を結ぶことが出来る保険です。

健康状態が平均以下の方でも、比較的安く加入出来る保険としても人気があります。

ネット専用定期保険Bridge(ブリッジ)
申込窓口 ネット申込
加入できる年齢 20歳〜65歳
保険金額 500万円〜3,000万円
保険期間 10年、15年、20年、25年、30年、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳
払込期間 10年、15年、20年、25年、30年、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳
保険金目安(月額) 753円~9,991円

オリックス生命 死亡保険FineSave(ファインセーブ)

ファインセーブ

死亡原因が事故でも病気でも災害でも、もらえる金額が変わらない保険です。

保障内容が充実している代わりに、保険料は他商品よりも高めに設定されています。

死亡保険FineSave(ファインセーブ)
申込窓口 資料請求、対面販売
加入できる年齢 15歳~75歳
保険金額 200万円〜5,000万円
保険期間 10年、15年、20年、25年、30年、35年、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳
払込期間 10年、15年、20年、25年、30年、35年、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳
保険金目安(月額) 1,450円~47,020円

アフラック Lightフィットプラン

ライトプラン

最長80歳まで10年ごとに自動更新される保険です。

医師の診察が不要なため申込手続きがスムーズに進みます。

Lightフィットプラン
申込窓口 対面販売
加入できる年齢 3歳~70歳
保険金額 200万円〜2,000万円
保険期間 10年、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳
払込期間 10年、60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳
保険金目安(月額) 1,780〜22,310円

ライフネット生命 かぞくへの保険

かぞくへの保険

契約内容がシンプルでわかりやすく、ネット申込が出来る保険です。

基本的に保険料は割安ですが、たばこを吸う高齢者の方は保険料が高くなりやすいので注意しましょう。

かぞくへの保険
申込窓口 ネット申込
加入できる年齢 20歳〜70歳
保険金額 500万円〜1億円
保険期間 10年、20年、30年、65歳、90歳
払込期間 10年、20年、30年、65歳、90歳
保険金目安(月額) 641〜25,834円

かんぽ生命 新普通定期保険

かんぽ生命

死亡時だけではなく、重い障害を負ってしまった場合も手厚く保障してくれる保険です。

万が一の事態に備えられる一方で、保険料は若干割高になっています。

新普通定期保険
申込窓口 資料請求、対面販売
加入できる年齢 15歳〜60歳
保険金額 200万円〜1,000万円
保険期間 10年、55歳、60歳、65歳、70歳
払込期間 10年、55歳、60歳、65歳、70歳
保険金目安(月額) 1,900〜10,960円

定期型生命保険を利用する際の注意点

定期型生命保険_注意点

定期型生命保険に加入する際には、自動更新に注意しましょう。

自動更新というのは保障期間が終了する際に、わざわざ再度契約手続きをしなくても自動的に契約が更新されるというシステムです。

手続きを忘れていても勝手に更新してくれるため便利な機能ではありますが、更新する必要がない場合でも更新されてしまう危険性があります。

保障期間を延長する予定がないのであれば、あらかじめ自動更新をストップしておくと安心です。

おすすめ定期型生命保険まとめ

定期型生命保険_まとめ

定期型生命保険おすすめ|まとめ

  • 定期型生命保険は保障してもらえる期間が決まっている
  • 保険料は安いが掛け捨てのため貯蓄は出来ない
  • 保険料が安く利用者からの人気も高い定期型生命保険は「メットライフ生命 スーパー割引定期保険

人気のある定期型生命保険は保険料が安く、保険金額などの選択肢が多い傾向があります。

保険に加入した後の負担を少なくするためにも、なるべく保険金額と保険料の払込期間のバランスが良い商品を選ぶように心掛けましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧