• HOME
  • 保険
  • 【掛け捨てがん保険】基礎知識から貯蓄タイプのがん保険との違いまで徹底解説!

【掛け捨てがん保険】基礎知識から貯蓄タイプのがん保険との違いまで徹底解説!

掛け捨てがん保険_サムネ
保険
掛け捨てタイプのがん保険って、どんな特徴があるの?
掛け捨てタイプのがん保険と貯蓄タイプのがん保険の違いが知りたい

そんな方のため、この記事では掛け捨てタイプのがん保険の基礎知識・貯蓄タイプのがん保険との違いなどを解説します。

契約年齢などの違いによる月額保険料の違いや、掛け捨てタイプのがん保険に強いおすすめの無料相談窓口もまとめました。

この記事は、掛け捨てタイプのがん保険をご検討中の方への記事です。

がん保険掛け捨てについて要約

  • 掛け捨てタイプのがん保険は、解約返戻金がないタイプのがん保険のこと
  • 掛け捨てタイプのがん保険は貯蓄タイプのがん保険より保険料が安いうえ、商品の選択肢が多く、見直しがしやすい
  • 掛け捨てタイプのがん保険の月額保険料は、契約年齢・保険期間などによって異なる
  • 掛け捨てタイプのがん保険への加入を検討中の場合、幅広く商品を提案してくれる優秀な相談員がいる相談窓口がおすすめ
  • 掛け捨てタイプのがん保険に強いおすすめの無料相談窓口は、ほけんのぜんぶ

掛け捨てタイプのがん保険とは

がん保険_掛け捨てとは

最初に、掛け捨てタイプのがん保険に関する、以下4つの基本情報を解説します。

掛け捨てタイプのがん保険の基本情報

  • 特徴
  • 保険料
  • メリット
  • デメリット

賢いがん保険選びが出来るよう、上記4つの掛け捨てタイプのがん保険に関する基礎知識を見ていきましょう。

特徴

掛け捨てタイプのがん保険とは、支払った保険料が返ってこないがん保険のことです。

ごくわずかの金額しか返ってこない商品も、掛け捨てタイプのがん保険と言われることがあります。

がん保険に掛けたお金が返ってこないため、「掛け捨て」と言われると覚えやすいという方もいらっしゃいます。

次は掛け捨てタイプのがん保険の保険料を見ていきましょう。

保険料

掛け捨てタイプのがん保険の保険料は、以下の2タイプです。

掛け捨てタイプのがん保険の保険料の種類

  • 終身保険
    生涯加入することを前提とした保険期間が決まっていないタイプ
  • 定期保険
    予め保険期間が決まっているタイプ

掛け捨てタイプのがん保険は期間のある・なしが選べる他、5年・10年など、商品によって保険期間が異なる点も特徴的です。

がん保険を選ぶ際には、保険期間を何年にするかを決める必要がある点を抑えていきましょう。

メリット

掛け捨てタイプのがん保険のメリットは、以下の3つです。

掛け捨てタイプのがん保険のメリット

  • コスパが良い
  • 保険期間の種類を選べる
  • 保険の見直しが簡単

より良いがん保険を選べるよう、上記3つの掛け捨てタイプのがん保険のメリットを、順に解説します。

コスパが良い

掛け捨てタイプのがん保険は、コスパの良さが大きなメリットとなります。

掛け捨てタイプではない貯蓄タイプのがん保険より、保険料が安い割に保障が手厚い掛け捨てタイプのがん保険。

月々の保険料を抑えながら、充実した保障をつけやすいがん保険を選べる点が、掛け捨てタイプのがん保険のメリットです。

保険期間の種類を選べる

掛け捨てタイプのがん保険は保険期間の種類を選べる点にも、メリットを感じる方がいます。

先述の通り、掛け捨てタイプのがん保険は、終身保険・定期保険の2種類です。

それに対し、貯蓄タイプのがん保険の保険期間は終身のみとなります。

こういった点から、「掛け捨てタイプのがん保険は貯蓄タイプのがん保険より自由度が高い」とメリットを感じる方もいます。

保険の見直しが簡単

掛け捨てタイプのがん保険は、保険の見直しが簡単な点もメリットです。

期間の定めがあり、月々の保険料が安めに設定されている掛け捨てタイプのがん保険は、貯蓄タイプのがん保険より見直しがしやすいです。

そのため結婚や出産などの状況の変化によって、その都度適正な保険プランに変更出来る掛け捨てタイプのがん保険に魅力を感じる方もいらっしゃいます。

終身保険しかない貯蓄タイプのがん保険は、生涯継続するタイプのがん保険なので、保険の見直しには適していないと考える方もいるでしょう。

貯蓄タイプのがん保険は保険の見直しによって途中解約した場合、解約返戻金の額が小さく、損をしてしまうこともあります。

なお解約返戻金とは、保険を途中解約した際に、支払った保険料の一部を返してもらえるお金のことです。

状況の変化に対応しやすい点が、掛け捨てタイプのがん保険のメリットです。

デメリット

掛け捨てタイプのがん保険のデメリットは、解約返戻金がないことです。

貯蓄タイプのがん保険は、一定期間を過ぎると支払った保険料より解約返戻金の方が高くなることがあります。

この点から、掛け捨てタイプのがん保険に解約返戻金がないことをデメリットに感じる方もいらっしゃいます。

掛け捨て以外の貯蓄タイプのがん保険とは

がん保険_貯蓄

掛け捨て以外のがん保険「貯蓄タイプ」は、途中解約しても解約返戻金を受け取れるタイプのがん保険です。

貯蓄タイプのがん保険は、一定期間が経過すると支払金額よりも解約返戻金の方が高くなるケースがあり、貯蓄性があると言われています。

貯蓄タイプのがん保険のメリット・デメリットは、以下をご覧ください。

メリット ・貯蓄効果が期待出来る
・お金を借りられることがある
デメリット ・保険料が高め
・保険期間が終身のみ
・保険の見直しがしづらい
・解約返戻金がなくなるリスクがある

より良い選択が出来るよう、次は掛け捨てタイプのがん保険の保険料の違いについて解説します。

がん保険掛け捨てタイプの保険料の違い

がん保険_掛け捨てタイプ

ここでは、掛け捨てタイプのがん保険の保険料の違いについて、以下2つの観点からお伝えします。

項目別に見る掛け捨てタイプのがん保険の保険料の違い

  • 契約年齢別
  • 期間別

掛け捨てタイプのがん保険の保険料について正しい理解を深められるよう、上記2点の違いを見ていきましょう。

【契約年齢別】がん保険掛け捨てタイプの月額保険料の違い

契約年齢別に見る、がん保険掛け捨てタイプの月額保険料の違いは、以下の一覧表の通りです。

契約年齢 定期保険 定期保険
30歳 約1,300円 約1,900円
40歳 約1,800円 約2,800円
50歳 約3,300円 約4,300円
60歳 約6,300円 約7,000円契約年齢

 

上記、がん保険掛け捨てタイプの月額保険料の違い一覧表の通り、契約年齢が上がると、月々の保険料は高くなりやすいです。

がん保険の加入を検討中の方は、契約年齢によって保険料の違いが生じる点を抑えておきましょう。

【期間別】がん保険掛け捨てタイプ月額保険料の違い

期間別に見る、がん保険掛け捨てタイプの月額保険料の違いは、以下の一覧表をご覧ください。

 

項目 掛け捨てタイプ 貯蓄タイプ
保険期間 10年 終身
保障内容 ・診断給付金:100万円
・入院給付金:15,000円
・診断給付金100万円
・入院給付金:1万円
・通院給付金:5千円
月額保険料 約1,800円 約4,600円

上記、がん保険掛け捨てタイプの月額保険料の違い一覧表の通り、月額保険料は定期保険よりも終身保険の方が高くなりやすいです。

また、月額保険料は掛け捨てタイプのがん保険より、貯蓄タイプのがん保険の方が高くなりやすい点も抑えておきましょう。

掛け捨てのがん保険に強い無料相談窓口の選ぶポイント

がん保険_掛け捨て_無料相談窓口

掛け捨てのがん保険に強い無料相談窓口の選ぶポイントは、以下の3つです。

掛け捨てのがん保険に強い無料相談窓口の選ぶポイント

  • 相談員の質
  • 取扱商品の種類
  • 相談場所

よりあなたに合った掛け捨てタイプのがん保険を選ぶ場合、少しでも掛け捨てタイプのがん保険の知識・経験がある相談員に相談することが重要です。

相談員の質が高いほど、色々な可能性を考えて、あなたに合った掛け捨てタイプのがん保険を提案しやすいと言えます。

また、取扱商品の種類が少ないがん保険の無料相談窓口を選んだ場合、ごく一部の商品しかおすすめしてもらえない可能性が上がります。

そのため取扱商品の種類が多い、がん保険の無料相談窓口を選ぶことが重要です。

相談員の質・取扱商品の種類に加え、あなたが相談しやすい場所で対応してくれるがん保険無料相談窓口を選べば、あなたが求める商品を伝えやすくなります。

あなたの状況や重視する保障などを正確に伝えられるほど、良い提案をしてもらいやすいので、がん保険の無料相談窓口を選ぶ場合には相談場所にも注目しましょう。

がん保険掛け捨てタイプに強いおすすめの無料相談窓口

がん保険_掛け捨て_無料相談

がん保険掛け捨てタイプに強いおすすめの無料相談窓口は、以下の3つです。

がん保険掛け捨てタイプに強いおすすめの無料相談窓口

  • ほけんのぜんぶ
  • 保険市場
  • 保険無料相談.com

より良いアドバイスを受けられるよう、がん保険掛け捨てタイプに強いおすすめの無料相談窓口を解説します。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ
取扱保険数 35
取扱保険の種類 ・がん保険
・生命保険
・医療保険
・火災保険
・学資保険
・個人年金保険
・旅行保険
・ペット保険
・就業不能保険
・介護保険
・自動車保険など
対応エリア 全国
※一部対応不可エリアあり
オンライン相談 可能
キャンペーン あり

掛け捨てタイプのがん保険を検討中の方におすすめの無料相談窓口➀は、ほけんのぜんぶです。

ほけんのぜんぶは入社1年以上の訪問相談員の100%がファイナンシャルプランナーの資格を持っている点が大きな魅力です。

ほけんのぜんぶならお金の専門家に相談出来るうえ、取扱保険も35と多いため、色んな角度から保険に関するアドバイスをしてくれます。

オンライン相談にも対応しており、面談をしただけで、ゆめぴりかなどの商品をプレゼントしてくれる点も人気の要因です。

お金のプロにがん保険などの相談出来るうえ、特典までもらえるほけんのぜんぶが気になった方は、この機会に無料相談をご活用ください。

保険市場

保険市場
取扱保険数 91
取扱保険の種類 ・がん保険
・生命保険
・医療保険
・死亡保険
・火災保険
・地震保険
・学資保険
・個人年金保険
・就業不能保険
・介護保険
・自動車保険など
対応エリア 全国
※一部対応不可エリアあり
オンライン相談 可能
キャンペーン なし

掛け捨てタイプのがん保険を検討中の方におすすめの無料相談窓口➁は、保険市場です。

保険市場は創業26年・東証一部上場企業の株式会社アドバンスクリエイトが運営しています。

そのため、老舗・大手の安心感が魅力で、お客様満足度は97.9%と高水準となっています。

また、使い勝手の良さも保険市場のメリットです。

当日予約に対応しているうえ、オンライン相談では相談員の指名予約も可能です。

実績・口コミなどを参考に指名出来るため、より良い相談員を選びやすいと言えます。

取扱保険会社の数も業界トップクラスなので、掛け捨てタイプのがん保険以外の保険もふまえた、より良い提案が期待出来ます。

保険無料相談.com

保険無料相談.com
取扱保険数 22
取扱保険の種類 ・生命保険
・医療保険
・個人年金保険
・介護保険
・火災保険
・学資保険
・損害保険
・自動車保険
・自転車保険
・海外旅行保険
・ペット保険
対応エリア 要問い合わせ
オンライン相談 可能
キャンペーン あり

掛け捨てタイプのがん保険を検討中の方におすすめの無料相談窓口➂は、保険無料相談.comです。

保険無料相談.comは面談を受け、アンケートに回答するとお得な特典をもらえる点が大きなメリットです。

がん保険の相談で良い情報を得られるうえに、丸大ハムやコシヒカリなど、魅力的なプレゼントがもらえます。

保険無料相談.comは、お客様満足度が97.6%と高く、何度でも無料相談出来る点もメリットです。

がん保険の無料相談をして、お得な特典も手に入れたい方には、保険無料相談.comがおすすめです。

がん保険掛け捨て|まとめ

がん保険_掛け捨て_まとめ

がん保険掛け捨て|まとめ

  • 掛け捨てタイプのがん保険は、解約返戻金がないタイプのがん保険のこと
  • 掛け捨てタイプのがん保険は貯蓄タイプのがん保険より保険料が安いうえ、商品の選択肢が多く、見直しがしやすい
  • 掛け捨てタイプのがん保険の月額保険料は、契約年齢・保険期間などによって異なる
  • 掛け捨てタイプのがん保険への加入を検討中の場合、幅広く商品を提案してくれる良質な相談員がいる相談窓口がおすすめ
  • 掛け捨てタイプのがん保険に強いおすすめの無料相談窓口は、ほけんのぜんぶ

掛け捨てタイプのがん保険は定期保険を選べるうえ、月額保険料を抑えながら、見直しのしやすさも兼ね備えています。

その一方で掛け捨てタイプのがん保険には解約返戻金がなく、支払った保険料は基本的に返ってきません。

これらの特徴を理解して掛け捨てタイプのがん保険を選べば、良い商品選択が出来るでしょう。

なお、掛け捨てタイプのがん保険を選ぶ際には、保険のプロから力を借りることをおすすめします。

プロならではの目線で、良い提案をしてくれると期待出来るからです。

よりあなたに合った掛け捨てタイプのがん保険を見つけられるよう、この記事でご紹介したおすすめの無料相談窓口を活用していきましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧