どの化粧品を使っても改善しないシミやそばかす。
肌悩みが一向に解決しないことで悩んでいませんか?

シミやそばかすは一度できると化粧品だけで改善するのは難しいです。
さらに年齢を重ねると、美白問題だけではなく毛穴の開きやニキビ跡、小ジワなどどんどん肌悩みが増えていきます。

「もう何から手をつければいいのかわからない!」
実は、シミやそばかすをはじめ様々な肌悩みをまとめて解決できる方法があります。

その方法とは、最先端の美容施術『ピコレーザー』です。
ピコレーザーとはクリニックや皮膚科で受けられる美白レーザーの一種で、従来のレーザーよりも優れた美肌効果が実感できます。

シミやそばかすなど自宅でのケアの効果が実感できない肌悩みがあるなら、ぜひ今回の記事を最後まで読んでみてください。

ピコレーザーの具体的な美肌効果やメリット、デメリットに至るまで詳しく解説しています。
きっとあなたの肌悩みが解決する道しるべになるでしょう。

美白レーザーでできることとは?

美白レーザーを肌に照射することで、頑固なシミやそばかすを薄くすることができます。
美白ケアは美白化粧品でもできますが、美白化粧品を使った美白ケアはあくまでも予防です。

美白化粧品は、メラニンの働きを抑えて新たなシミの増加を防ぎます。
しかし、化粧品は皮膚の奥深くには浸透できないので、今あるシミやそばかすを根本的に改善する効果は期待できません。

美白レーザーなら美白化粧品だけではアプローチできない皮膚の奥まで届き、美白レーザーを肌に照射すると、皮膚の奥深くに潜んでいるシミの元「メラニン」が破壊されます
シミの原因を撃退できるため、すでにできたシミやそばかすの改善に効果的なのです。

「どの化粧品を使っても肌悩みが解決しない」という人も、美白レーザー治療を受けることで長年の肌悩みから解放されるでしょう。

最先端の美白レーザー『ピコレーザー』の効果

美白レーザーにはいろいろな種類がありますが、中でも今話題なのがピコレーザーです。
ピコレーザーを使った美白治療では従来の美白レーザーと違い、肌負担を抑えてシミやそばかすをケアできます

ピコレーザーは次のような肌トラブルの改善が期待できます。

  • シミ、そばかす
  • 肝斑
  • 肌のくすみ
  • ニキビ跡
  • 毛穴の開き
  • 小ジワ

ピコレーザーならシミやそばかすに限らず、美白化粧品だけではケアが難しい肝斑の治療にも効果的です。

またピコレーザーから発生する衝撃波の衝撃で、お肌のコラーゲンが活性化される効果も!

ピコレーザーと従来の美白レーザーの違い

ピコレーザーと従来の美白レーザーの違いは、照射時間の長さです。
ピコレーザーは照射時間が短いので、従来のレーザーで発生する熱がほとんど発生されません。

  • ピコレーザーの照射時間:1兆分の1秒単位
  • 従来の美白レーザーの照射時間:10奥分の1秒単位

ピコレーザーは熱ではなく、レーザーから発生される衝撃波によってメラニンを細かく破壊します。
メラニンを破壊と聞くと「痛みがあるのでは?」と思うかもしれません。
確かに痛みは多少ありますが、強い痛みでも肌の奥がチクチクする程度の痛みが起きるだけなので安心です。

ピコレーザーのメリット

  • 広範囲の肌トラブルの治療もできる
  • 肌ダメージが少なくダウンタイムが短い
  • 短期間で美白治療が完了する

ピコレーザーの主なメリットは、肌ダメージの少なさと治療期間の短さです。

肌ダメージは少ないですが、メラニンを破壊する力は従来のレーザーよりピコレーザーの方が優れています。
1回のレーザー照射でメラニンをより細かく破壊するため、少ない回数で美白治療ができるのです。
また肌ダメージが少ないため、広範囲に広がる肌トラブルの治療もできます

ピコレーザーのデメリット

  • 治療中に多少の痛みを感じる
  • 費用が高め

ピコレーザーは従来の美白レーザーのデメリットである、肌ダメージの大きさを克服しているため、デメリットは特にないと考えられています。

しかし治療中に痛みが全くないというわけではないので、痛みが多少あることはデメリットになるでしょう。
痛みといっても感じ方は人それぞれです。

「全く痛みがなかった」という人もいれば、「チクチクする感じがした」という人もいます。
我慢できないほどの痛みではありません。
もし痛みが不安であれば、麻酔クリームを使ってもらって痛みを軽減することも可能です。

また、費用面は従来の美白レーザーよりも高めに設定されているので、お財布に少々負担がかかることもデメリットの一つですね。

ただピコレーザーで肌トラブルを治療すれば、高いスキンケア化粧品を買う必要がなくなります
一時的には大きな出費になるかもしれませんが、長い目で見るとお得なのではないでしょうか。

ピコレーザーの治療方法と治療を受けたあとについて

ピコレーザーの治療は最短で1回、最長で10回。
治療回数はお肌の状態によって異なりますが、従来の美白レーザーよりも早く治療が完了する場合があります。
つまりピコレーザーは、従来の美白レーザーよりも早く肌悩みを解決できるのです。

ピコレーザーの治療手順

ピコレーザーの施術は、次の手順で行われます。

  1. 洗顔
  2. カウンセリング
  3. 産毛処理、麻酔の塗布
  4. ピコレーザーの説明、照射
  5. アフターケア(お肌の冷却、スキンケアなど)

ピコレーザーの照射は使う機器によって細かな違いはありますが、長くても15分〜20分程度
早ければ1回の照射が5分で終わることもあります。

ピコレーザーを使った治療方法

ピコレーザーを使った治療には3つの種類があります。

  • ピコトーニング:細かいシミや薄いシミ向け
  • ピコスポット:濃い、大きいシミ向け
  • ピコフラクショナル:ニキビ跡や毛穴、小じわ向け

3種類の治療法を組み合わせて行うケースと、肌悩みやシミの状態に合わせて選んだ治療法を行うケースがあります。
肌悩みが複数あるなら、組み合わせて行うピコレーザー施術がお勧めです。

組み合わせて行う場合は、出力の弱いピコトーニングから始めて肌のくすみを取り除き、シミ取りにはピコスポット、シミ以外の肌悩みにはピコフラクショナル、という順に行います。

ピコレーザー治療後の肌の状態

ピコレーザーの治療をしたあと、肌は劇的にではなく少しずつ変化します。

治療の直後は日焼けしたようなほんのり赤みを帯びた肌になりますが、従来の美白レーザーと違って赤みが長引いたり、ヒリヒリ痛みを感じることは少ないと言われています。
ピコレーザーを受けたほとんどの人が、1回の施術で肌色がトーンアップしたと実感しています。

シミの場合は薄さや大きさによって違いがありますが、早ければ1週間程度でかさぶたになって剥けることも。
ニキビ跡や毛穴は肌の再生に合わせて徐々に改善されます。

ピコレーザー治療を受けたあとの自宅ケアには、内服薬やスキンケアクリームが必要です。
クリニック選びの際は、アフターフォローで薬やクリームをしっかり処方してくれるかどうかチェックしましょう。

またレーザー照射後の肌は敏感になり、紫外線の影響を受け易いので紫外線対策が必要不可欠になります。

ピコレーザーにかかる料金

ピコレーザーをはじめ美白レーザー施術は、美容目的の治療なので料金は全額自己負担です。
ピコレーザーの治療は複数回行うケースが多いので、回数が多くなるほど料金は高くなります

従来の美白レーザーの相場が全顔1万円以下。
ピコレーザーはクリニックによって違いがありますが、一番リーズナブルなピコトーニングは全顔1回で2万円以上、5回以上治療を受けるには10万円以上かかります。
治療を組み合わせて受ける場合は、5回以上で20万円以上

しかし、ピコレーザーには肌負担が少なくダウンタイムが短い、効果を早く実感できる、高額な化粧品でケアする必要がなくなるなど、得られるメリットはたくさんあります。

肌悩みが解決されて鏡を見るたびに憂鬱になることもありませんし、毎日のお化粧ももっと楽しめるようになるので、料金以上の価値を実感できるはずです。

まとめ

美白レーザーの最先端技術、ピコレーザーには次のようなメリットがあります。

  • 従来の美白レーザーよりも効果が高く肌負担が少ない
  • シミやそばかす、毛穴の開き、ニキビ跡、小じわなど様々な肌悩みに効果的
  • 痛みは多少あるが、チリチリ、パチパチと軽く我慢できる場合がほとんど
  • ダウンタイムが短い
  • 治療を受けて早い段階から効果を実感し易い

ピコレーザーは美白レーザーの中では高額な治療になります。

しかし、治療後のスキンケアにかけるお金や手間がかからなくなる、綺麗な肌でメイクを楽しめるようになるなど、肌悩みが解決することで得られるメリットがたくさん

従来の美白レーザーよりも肌負担が少ない、という点も安心ですね。

今抱えている肌悩みが解決すれば、毎朝鏡を見るたびに笑顔になり、自信を持って1日を過ごせるでしょう。
今まで試したことのないメイクを楽しむこともできますね。

効果があるかわからない化粧品にお金をかけるより、効果を実感できる最新の技術で素肌から生まれ変わってみませんか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事