免疫細胞療法に免疫チェックポイント阻害剤を組み合わせることで、効果を増大し、副作用リスクを軽減

がん克服の鍵が免疫であることは広く周知されるようになりました。

そのきっかけは、免疫を回復させる画期的ながん治療薬「オプジーボ」の登場であり、その生みの親である本庶佑博士のノーベル賞受賞でしょう。

しかし、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤は、免疫の調和を壊し、大きな副作用を招くというリスクがあります。

長年、がん治療に取り組んできた小田クリニックの小田治範院長は、得意とする再生医療によってこの課題を解決し、免疫細胞療法をさらに進化させています。

オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤はがん細胞による免疫抑制を解除する

ここ数年、がんの化学療法を大きく変えたもののひとつは、オプジーボなど免疫チェックポイント阻害剤の登場でしょう。


私たちの体内では毎日、何千個、何万個という単位でがん細胞が生まれています。

それを免疫が速やかに排除しています。ところが、加齢やストレス、病気などの影響で免疫が十分に働かないと、がん細胞は生き延び、やがては大きな腫瘍になってしまうのです。


がん細胞は生き延びるために、様々な手段で免疫の邪魔をします。

そのひとつとして免疫細胞の中でも大きな割合を占めるT細胞の表面にあるPD-1などの免疫チェックポイントに、がん細胞の発現するPD-L1などの分子を結合させ、攻撃を無効化します。


オプジーボなどは、このがん細胞による免疫チェックポイントへの働きかけを出来なくして、T細胞が存分にがん細胞を攻撃出来るようにします。

複雑で精緻な免疫の仕組みに手を加えると暴走して大きな副作用を招くリスクが

オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤は、がん細胞を直接叩く従来の抗がん剤とは、全く作用機序が異なります。

奏効率は1割程度と決して高くはありませんが、抗がん剤が効かなくなった患者さんでも、劇的に効くことがあります。


しかし、大きな副作用リスクもあります。免疫は精緻で複雑な仕組みで成り立っています。

一部に手を入れるだけでも、全体の調和を失い、自らの免疫が自らを攻撃する自己免疫疾患を招く可能性があるのです。

重症筋無力症、1型糖尿病、心不全、肺水腫……など生死に関わる症状です。


実は、PD-1などの免疫チェックポイントを発現していると、そもそもT細胞は攻撃力が低下しており、がんだけでなく様々な感染症などにもかかり易くなっています。


この免疫チェックポイントへの影響を解消し、なおかつ副作用のリスクを軽減することは、大きな課題でした。

そして、その解決策は、私が長年手掛けてきたNKM療法と免疫チェックポイント阻害剤の併用にあったのです。

あらかじめオプジーボ・ヤーボイ・キイトルーダを加えた状態でNK細胞やT細胞などの免疫細胞を培養

がんを克服出来るかどうかの鍵は免疫です。

そして、がん患者さんの免疫はがん細胞によって抑制されています。

この抑制を解除するのは困難です。半端な刺激では免疫は目覚めず、かといって刺激が強すぎると、患者さんの体が耐えられません。


そこで、患者さんの免疫細胞を採取し、体外で培養して強化する免疫細胞療法が生まれました。

中でも私の開発したNKM療法は、がん免疫の主役であり、活性が高ければ、どんながん細胞でも見逃さないNK細胞を主体に、T細胞、樹状細胞などをバランスよくミックスして培養しています。


細胞を培養する際、オプジーボなど幾つかの免疫チェックポイント阻害剤を加えます。

免疫チェックポイントはPD-1だけではなくCTLA-4などもあります。

そして、オプジーボの他にもそれぞれに作用するキイトルーダやヤーボイなどが開発されています。

ふたつの治療の効果があるだけでなく副作用リスクや時間、費用などを軽減する効果も

この新しい免疫細胞療法は、NKMプラス療法と呼んでいます。

免疫チェックポイント阻害剤によってがん細胞が免疫の抑制を出来ない状態にしてから培養・強化します。

これによって免疫細胞療法、免疫チェックポイント阻害剤の効果と免疫チェックポイント阻害剤の副作用リスク軽減を両立しているのです。


メリットは他にもあります。


オプジーボをはじめ免疫チェックポイント阻害剤の奏効率は1割程度です。

事前に効果を予測する手段が確立されておらず、どれが効くかは使ってみなければわからない部分があります。

しかし、がん患者さんの多くは、何種類もの治療を試す時間的余裕はありません。

また、幾つもの免疫チェックポイント阻害剤を使えば、それだけ副作用のリスクは高まります。


NKMプラス療法であれば免疫細胞療法と同時に複数の免疫チェックポイント阻害剤を使用した効果が安全に得られるのです。


また、免疫チェックポイント阻害剤は保険適用の拡大が進んでいますが、それでも標準治療のガイドラインから外れて、自由診療で使用すると、高額な費用がネックになります。それで治療を諦めざるを得ない患者さんは少なくないでしょう。


NKMプラス療法で使用するオプジーボ・ヤーボイ・キイトルーダは微量であり、費用面でもそれほど大きな負担にはなりません。

NKMプラス免疫細胞療法の流れ

●採血
40~60㎖の採血を行います。

●培養
特殊な培地で免疫細胞を培養し、2週間かけて量と質を強化。培養の際、免疫チェックポイント阻害剤を使用し、培養する免疫細胞の免疫抑制を全て解除する。

●投与
生理食塩水に溶かした免疫細胞を、30分程度で静脈に点滴。
※投与の前に次回分の採血を行い、2週間に1回のペースで6回繰り返します。これが基本の1クールになります。

<取材協力>医療法人社団医進会 小田クリニック


●URL:https://www.ishinkai-mc.net ●TEL:03-5273-0770


●所在地:東京都新宿区大久保1-11-3大東ビル2階 

●アクセス:新宿駅徒歩15分・西武新宿駅徒歩5分・大久保駅徒歩8分・東新宿駅徒歩5分 

●診療時間:9時~12時30分/14時~17時30分 

●休診日:土曜・日曜・祝日 ※木曜は一般内科・消化器科のみ、16時30分で終了。

医療法人社団医進会 小田クリニック
院長 小田治範

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事