「尊厳死」とは、事前に個人の意思を尊重し、延命治療を取りやめる指示をしておくことを意味します。

スイスなど諸外国では、法の整備がされており、実際に尊厳死を選択される方もいるのです。
もしも、ご自身や大切な方が、終末期医療が必要になった場合に、どのような最後を迎えたいでしょうか?

今回は尊厳死を取り巻く日本の状況や安楽死との違いについて解説していきます。

尊厳死と延命措置

不治の病気や死期が近づいた際に必要とされる医療措置や延命治療を取りやめることを前提としたものを「尊厳死」といいます。

事前に尊厳死の意向を示す宣誓書を準備しておくことで、意思疎通が困難な植物状態や意識障害など、必要に応じて医療機関に提示することができるのです。

その場合には、苦痛や痛みを和らげる治療や処置のみが適用され、副作用に関して死期が早まることも容認することに同意する場合が多いでしょう。

ターミナルケアとは?

治療が困難な場合に延命するか、残された時間を大切に過ごすかを決断するタイミングは難しいです。

残された時間を充実させ、身体への負担を取り除き精神的にも満足した最期を迎えることができることを目的とした取り組みを「ターミナルケア」といいます。

そのため、自宅で過ごす場合もあれば、家族の負担や不安を考え病院で過ごすケースもあるのです。

いずれにせよ、心疾患や悪性新生物などの病気による死亡率が高い日本では、ターミナルケアに関わることも少なくはないのです。

安楽死との違いを正しく知る

安楽死とは、死期が迫った患者が肉体的苦痛から解放されるために、死を選ぶ権利を認め医師が自殺を幇助することを示します。

安楽死は「積極的安楽死」「消極的安楽死」に分けられます。

積極的安楽死とは、死ぬために医学的な応対をすることを示します。

一方、消極的安楽死とは医学的な処置や治療を辞めることを意味し、尊厳死の範疇になるのです。

そのため、尊厳死と安楽死の違いは、積極的に死の意向が認められる場合が「安楽死」となります。

具体的には、癌の終末期や難病による呼吸困難感による苦痛などに悩まされる方の中には、自ら最期を迎える意向を持つ方もいるのです。

日本など多くの国では、積極的安楽死については法律で認められていませんが、病気を始め自殺者願望を持つ若者が多いことからも一定数のニーズがあることも伺えるのです。

今のところでは、スイスにおいて安楽死は認められており、日本人でも渡欧し安楽死を選択された方もいるのです。

日本における尊厳死の考え方

1992年に日本医師会生命倫理懇談会により尊厳死を容認する報告書が発表されました。

しかし、その後も法の整備は進んでおらず、日本では尊厳死が公には認められていません

ただし、条件を満たし「リビングウィル」など生前から自身の死期に関する意向を示しておくことで、最期をどのように迎えるかを選択することが可能です。

リビング・ウィルとは?

病気になる前に自分がどのように最期を迎えたいかの意思を示しておくことを「リビングウィル」といいます。

もしもの時に、自身の意思が示せないことで、延命治療を受け死ぬまでの期間を延ばしたくないと感じる方もいるでしょう。

医療技術の進歩により、平均寿命は延長されましたが、中には健康でないのであれば、自然に死にたいと思う方も多くいるのです。

そのような場合に、前もってリビングウィルを示しておくことで望む最期のかたちを伝えることができるのです。

リビングウィルには、法的な拘束力はなく途中で破棄したり変更することも可能です。

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)

リビングウィルのように最期の意思決定を1人で行うことが難しい場合もあるでしょう。

アドバンス・ケア・プランニングとは、本⼈が望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い共有する取組です。

死期が近づいた時など特定の時期に限定することはせず、本⼈の価値観や⼤切にしたいことを明らかにします。

意思決定ができない場合などでも、最期まで⾃分らしく⽣きるプロセスを決めておくことができるのです。

アドバンス・ケア・プランニングはリビングウィルと異なり、医療者や介護サービスの提供者などが作成します。

当然、リビングウィルをアドバンス・ケアプランニングに盛り込むことも可能で、今後注目されている取り組みの一つです。

尊厳死に関する問題点

尊厳死の最も大きな問題は、法の整備がされていないため、医師によりリビングウィルが尊重されるかどうかということでしょう。

なぜなら、ケースによっては患者が尊厳死を望み医師が容認した場合でも、医療者が有罪となることが過去にあったためです。

そのため、尊厳死には慎重にならざる負えないのです。

さらに緩和医療や在宅医療の体制も十分とは言えず、自宅で最期を迎えたい場合にも地域によっては実現できないこともあるのです。

尊厳死と法の整備

日本では尊厳死のガイドラインは策定されていますが、法律に関しては明確に記載がありません

最近では、患者のリビングウィルや医師、家族が合意すれば尊厳死が検討されるようにもなってきています。

しかし、リビングウィルのように患者の意思が明確でない場合には、尊厳死を選択する根拠が不十分となります。

法制化に関しては倫理観など反対意見も多くあるため、現状ではグレーゾーンであるといえるのです。

インフォームドコンセント

医師は、患者や家族に病状を告知し、経過や治療について医療者が適切に説明することが義務付けられています。

この義務は「インフォームドコンセント」と呼ばれ、尊厳死を考えるうえで、患者や家族が知っておくべき重要なことです。

病状の経過を正しく知り理解することで、残された余生や過ごし方を考え行動に移すきっかけとなるのです。

もしも、病状の説明や内容に不信感を感じる場合には、違う医療機関を受診するセカンドオピニオンを行うことも検討しましょう。

認知高齢者の最期

65歳以上の高齢者のうち4人に1人は認知症です。

認知症の終末期では、意思表示が難しく、本人が望んだ最期の迎え方は実現できない場合があるでしょう。
そのためにも、事前にご自身の望む最期について考える時間を持つことをおすすめします。

リビングウィルを形にしておくことで、残される方々の寄り添い方や気持ちの持ちようの参考にもなるはずです。

まとめ

この記事では尊厳死と安楽死の違い、尊厳死に関連した日本での取り組みや法整備の現状を照会しました。

・尊厳死の法の整備は進んでおらず、公には認められていない

・尊厳死と安楽死には積極的か消極的か、どのように死に方を幇助することに違いがある

・尊厳死に関連して様々な新しい取り組みが進んでいる

医学の進歩とともに平均寿命は延長していますが、望んだ最期の形を迎えることができるかは分かりません。

そのため、まずは一人一人が最期の時のことについて考えてみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事