アーユルヴェーダという言葉を聞いたことはありますか?インド式のエステやオイルマッサージというイメージをもっている方も多いかもしれません。

アーユルヴェーダは、インド発祥の伝統医学で、数千年の歴史を持ちます。今回は、アーユルヴェーダの理解を深め、みなさんの生活や健康に生かしていただければと思います。

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学・知識)を組み合わせた「生命科学」という意味で、紀元前1000~1500年頃に発祥したとされるインドの伝統医療です。

現在でもアーユルヴェーダ本場のインドやスリランカでは、国家資格のアーユルヴェーダ医も活躍しています。アーユルヴェーダの重要な考え方には、人・健康・宇宙は相互に関連していること、体質(プラクリティ)、生命エネルギー(ドーシャ)などがあります。こうした考え方に基づき、アーユルヴェーダ医は薬草や独自の成分による薬、食事療法、瞑想、ヨガ、生活習慣の改善など、個々人に応じた提案や治療を行います。

日本でよく聞くオイルマッサージは、アーユルヴェーダの治療の一つに過ぎません。アーユルヴェーダは、心身のバランスを回復させることを試みる複合的なヘルスケアという説明が近いかもしれません。

アーユルヴェーダにおいての健康とは?

アーユルヴェーダでは、心身だけでなく、行動や環境も含めた全体としての調和が、健康にとって重要ととらえます。このような心身のバランスを重要視する考え方は、古代ギリシャで発祥した四体液の調和を重視するギリシャ・アラビア医学(ユナニ医学)や、陰陽・五行のバランスを重視する中国医学など、伝統医学に共通する医学観です。

そのため、漢方薬や鍼灸などの東洋医学の伝統が生きている日本人にとっても決してなじみのある考え方ではないかと思います。

アーユルヴェーダはこのような医学観に基づいているので、どちらかというと、病気を予防して、健康を維持・向上させようとする「予防医学」の考えが強いといえます。

具体的には、ヴァータ、ピッタ、カパという3つのドーシャのバランスが取れていること、食物の消化、老廃物の生成・排泄が順調であることが、良い状態であるとされており、そのために過剰、もしくは不足しているドーシャを調整していきます。

自分の性質(ドーシャ)を知る

聞きなれない用語がいろいろと出てきて戸惑っている方もいるかと思います。先ほどから何度も出てきている「ドーシャ」とは、自分の持って生まれた性質のようなものです。アーユルヴェーダの治療では、まず、自分のドーシャを知ることが重要とされており、アーユルヴェーダ医も様々な観点から患者のドーシャを診断していきます。

ドーシャは、3つの要素「ヴァータ」、「ピッタ」、「カパ」からなり、私たちの心身の健康を支配していると考えられています。この3要素のバランスによって一人ひとりの体質がきまり、これらのバランスを整えることが、アーユルヴェーダのアプローチとなります。

それぞれのドーシャについて少し見ていきましょう。ヴァータは風のエネルギーで体内における運搬,循環,異化作用(細胞を分解する働き)を担っています。ピッタは火のエネルギーで、代謝や消化を担っています。水のエネルギーであるカパは、構造や体力を維持し,同化作用(細胞を作る働き)を担っています。

アーユルヴェーダでは、上記のドーシャのバランスが保たれることで,エネルギーを消化する力である「アグニ」が機能し,心身を健康に保つ活力源である「オージャス」という物質が作られるとされています。一方で、ドーシャがアンバランスな状態になると「アグニ」が強すぎたり,弱すぎたりして十分に機能しなくなるために,心身の未消化物である「アーマ」ができ,心身の不調をきたすと考えられています。

個々人の体質には,生来の優勢なドーシャが存在し,その優勢なドーシャがその個人のバランスを崩しやすいドーシャとなります。優勢なドーシャの体質毎に特徴があり、アーユルヴェーダでは、性格や体格、バランスが崩れやすい年代、季節、適している職業、1日の過ごし方まで提案されています。

予防医学としてのアーユルヴェーダ

「病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作る。病気を予防し、健康を維持する」ことを目指すのが予防医学の考え方ですが、アーユルヴェーダは、予防医学と近い関係にあるといえます。「心と体だけでなく、行動や環境も含めた全体としての調和が、健康にとって重要だ」と考えるアーユルヴェーダもまた、病気の予防と健康増進を目指すものだからです。

これまでは、西洋医学とアーユルヴェーダなどの伝統的な東洋医学は対立的なものだったり、東洋医学の方が一段下と捉えられたりしてきましたが、両者を統合的に捉えようとする動きが出てきています。こうした考えが、統合医療や、補完・代替医療の観点から広まってきています。

危険性はあるか

アーユルヴェーダについては、補完・代替医療の観点から研究が進められています。補完・代替医療は、西洋医学がカバーしきれない部分を東洋医学などで補っていこうとする医学観ですが、アメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health: NIH)に設立された、国立補完代替医療センター(National Center for Complementary Alternative Medicine: NCCAM)では、実践的な研究がおこなわれています。

こうした研究のなかで、特定の疾患に対し、薬草類などのアーユルヴェーダ薬も検討されていますが、アーユルヴェーダ療法による治療が有益であることを証明する比較対照試験や系統的レビューは、まだ十分ではありません。

アーユルヴェーダ療法では、薬草類、鉱物、さらには金属類まで使用し、さまざまな施術が使われます。これらを誤った使い方や、熟練したアーユルヴェーダ施術者の指導なく使用した場合、有害となる可能性があります。一部の薬草類では副作用が出ることもありますし、西洋医学の標準治療で処方された薬剤との間に相互作用が生じることもあります。また、一部の金属類(鉛など)の摂取は有毒となりえます。

このように、科学的な知見はいまだ不十分であり、現段階でアーユルヴェーダだけに頼って治療を受けるのは安全とはいえません。もし、本格的なアーユルヴェーダの治療を受ける場合は、かかりつけ医と相談しつつ、熟達したアーユルヴェーダ医などの施術者に診察してもらうようにしましょう。

まとめ

インド発祥の伝統医学であるアーユルヴェーダについて紹介してきました。

アーユルヴェーダは、いまは廃れた古代の医療技術ではなく、現代でも脈々と引き継がれている伝統医療です。

そして、西洋医学との関係では、対立するものではなく、統合され、補完・代替される可能性のあるものとして、研究が続けられています。

とくに、予防医学の視点からみると、アーユルヴェーダの全人的なアプローチは魅力的です。自分の特徴的な性質を知り、それに見合った生活習慣を取り入れることで、個々人にあった健康法や病気予防ができるようになるかもしれません。

神秘的なものとして退ける前に、できる範囲で生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

看護師:古川正造

参考文献

日高なぎさ,アーユルヴェーダについて,大阪産業大学,人間環境論集13,2013

file:///C:/Users/GW212/Downloads/KJ00009174688.pdf

予防医学,https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E9%98%B2%E5%8C%BB%E5%AD%A6

アーユルヴェーダ,https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%80

アーユルヴェーダ,厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事