禁煙は難しいものと言われています。

根性だけでチャレンジし、数日後にはあえなく敗退…しばらくしてまた禁煙を試みるけれど続かない。そんなことを何度も繰り返しているという方は多いのではないでしょうか?

2020年4月から「改正健康増進法」が施行されます。

これまで以上に喫煙できる場所が減り、喫煙者は肩身の狭い思いをすることになると想定されます。この機会に禁煙を、と考えている方も多いと思います。

今回は禁煙をサポートする「禁煙外来」について詳しくお伝えしていきたいと思います。

改正健康増進法とは?

2018年、健康増進法を改正する法律が成立し、以来徐々に公衆の場の喫煙スペースは減少していきました。

2020年4月より、いよいよ「改正健康増進法」が全面施行開始となり、喫煙者にとっては弱り目にたたり目となりそうです。

改正健康増進法により、飲食店は原則屋内禁煙(喫煙専用室のみ喫煙可)、オフィスや事業所でも原則禁煙(喫煙専用室のみ喫煙可)となります。もちろん2019年7月より実施されていた病院・学校・行政施設での敷地内禁煙も続行です。

特に喫煙者を困らせることになるのは、飲食店が禁煙なることではないでしょうか。今までは普通にタバコが吸えていた場所が禁煙になります。居酒屋も、喫茶店も、喫煙室がなければ禁煙です。

一部例外はあり、客席面積が100平方メートル以下で、かつ資本金5000万円以下の小規模店は届出をすれば、経過措置として喫煙可能となるようです。(該当するのは全国の飲食店のうち約45%)

喫煙を目的とするシガーバーや、スナックなども規制の対象外で喫煙可能です。

規制対象とならないお店もあるとはいえ、これまでより確実に喫煙可能なスペースは減り、喫煙スペースを探すのも大変になるでしょう。

「禁煙したいな」と思っていた方は、この機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。

禁煙外来を受診してみませんか?

禁煙は根性だけではなかなか成し遂げられるものではありません。

依存の背景にあわせて正しく対処することが必要です。今は健康保険で「禁煙補助薬」も利用できるため、医師や看護師、薬剤師など専門家のサポートの元で禁煙を行えば、楽に、確実に禁煙することが可能です。

禁煙外来とは?

禁煙外来とは、タバコをやめたい人向けの専門外来で、総合病院をはじめ、様々な診療科で行われています。

禁煙外来では医師が、喫煙歴や依存のレベル・依存の背景を把握して、薬の処方や経過観察を行います。条件を満たせば、健康保険で治療を受けることも可能です。

禁煙外来ではどんなことをするの?

保険内で通院できる回数は合計5回、期間は3ヶ月です。

(禁煙外来での治療プログラム(※1参照))

1回目(初回診療)

  • 治療内容、流れの説明
  • 問診(喫煙歴、喫煙状況、禁煙意欲など)
  • 検査(ニコチン依存判定テスト、呼気中の一酸化炭素濃度測定)
  • 禁煙開始日の決定
  • 患者の状態によっては禁煙補助薬の選択
  • 抑うつチェック

2〜4回目

  • 問診(禁煙状況・喫煙状況の確認、ニコチン離脱症状の有無、禁煙補助薬の症状や副作用の有無)
  • 検査(呼気中一酸化炭素濃度の測定)
  • 禁煙継続のための問題把握と解決方法の提案

5回目

2〜4回目の内容プラス

再喫煙防止方法、治療終了後の禁煙継続、支援体制についての相談

調査によると1回当たりの医師の平均指導時間は10分〜20分以内が49.1%、10分未満が41.3%(※2)であるとされています。

禁煙外来の診療費用の目安(5回分の合計の目安)

貼り薬(ニコチンパッチ)を利用した場合

3割負担:約13000円

1割負担:約4300円

全額自費:約43000円

飲み薬(バレニクリン)を利用した場合

3割負担:約19000円

1割負担:約6300円

全額自費:約63000円

※標準の内訳は診療費用、処方箋代、処方薬代です。

保険適応の条件

初診で下記について確認し、下記全てに当てはまれば健康保険を利用して禁煙治療を行うことができます。

  1. ただちに禁煙しようと考えている
  2. ニコチンスクリーニングテストが5点以上
  3. プリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上

例えば、毎日20本たばこを10年間吸い続けていた場合、プリンクマン指数は200となり、条件を満たすことになります。

4. 禁煙治療を受けることを文書により同意している(直筆サイン)

過去一年以内に健康保険で禁煙治療を行なっていないことも条件

ニコチンスクリーニングテストの内容

下記の設問で5点以上の場合、ニコチン依存症と判定されます。(設問の答えが「はい」の場合は1点、「いいえ」の場合0点で、全ての合計点数)

禁煙補助薬について

つらい禁煙も、適切に禁煙補助薬を用いることで離脱症状が軽減し、比較的楽に行うことができます。禁煙補助薬を使用すれば、自力での禁煙と比べて3〜4倍禁煙しやすくなると言われています。※3

楽に、確実に禁煙したければ、禁煙外来を受診して禁煙補助薬を使用しましょう。

現在日本で使用できる保険適応の禁煙補助薬は、貼り薬(ニコチンパッチ)と飲み薬(バレニクリン)です。また、一般医療用医薬品としてニコチンパッチとニコチンガムはドラッグストアで販売されています。

それぞれの特徴と、メリット・デメリットを下記にまとめます。

貼り薬(ニコチンパッチ:商品名ニコチネルパッチ)〈保険適応〉

貼付タイプの禁煙補助薬で、貼り薬に含まれるニコチンが皮膚から吸収され離脱症状を和らげる効果があります。徐々に貼り薬の量を減らしていきます。

貼り薬のメリットは、簡単に使用できて効果が一日中持続することです。また、食欲抑制効果があるため、禁煙に伴う体重増加を抑える効果が期待できます。

デメリットは急にタバコが吸いたくなった時に対処できないことや、皮膚への刺激が挙げられます。

内服薬(バレニクリン:商品名チャンピックス)〈保険適応〉

内服薬は貼り薬とは異なり、ニコチンを含みません。ニコチンは含みませんが、薬の成分が脳のニコチン似た働きするため、タバコを吸いたい欲求を軽減させたり、離脱症状を緩和する効果があります。

また、タバコを吸っても満足感を得られないようになる効果もあります。

内服薬のメリットは、一日2回の内服だけで良いので使用が簡単な点と、ニコチンを含まず、喫煙しても満足感を得られないのでより確実に禁煙できる点が挙げられます。貼り薬では皮膚があれてしまう人も使用可能です。

デメリットは、貼り薬と同様に突然の喫煙欲に対処できないことと、使用中は車の運転ができないことです。

ニコチンガム(商品名:ニコレットなど)〈保険適応外〉

ニコチンガムは、ガムを噛むことで口腔粘膜からニコチンが吸収されて、離脱症状や喫煙欲を軽減する効果のある禁煙補助薬です。メリットは、ドラッグストアでいつでも購入できることと、即効性があるので急にタバコが吸いたくなった時に有効なことです。

健康保険が適応されず、自費購入になります。

生活を変えていく工夫も大切

禁煙では、ニコチンへの依存を経つことも重要ですが、生活の一部となっている「喫煙習慣」の変更も重要となります。

お酒やコーヒーを飲むなど喫煙と結びつくような行動を避けて、代わりに違う行動を行う(ガムを噛んだり、ジュースを飲む)などの生活の工夫を行いましょう。

灰皿やタバコを捨てたり、喫茶店やパチンコ店には行かないようにするなど、禁煙しやすい環境に身を置くことも大切です。

まとめ

喫煙場所がより少なくなる今こそ、禁煙のタイミングです。

今度こそ確実に、禁煙するために禁煙外来を受診してみましょう。

この記事のまとめ

  • 2020年4月からさらに喫煙できる場所が減る
  • 禁煙外来は様々な診療科で開かれている
  • 禁煙補助薬を処方してもらえる
  • 条件を満たせば、健康保険適応

※1:日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会 禁煙治療のための標準手順書第6版

※2: 平成 28 年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成 29 年度調査) ニコチン依存症管理料による禁煙治療の効果等に関する調査報告書

※3:厚生労働省 禁煙のおくすりってどんなもの?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事