日本は誰もが知る超高齢社会です。
65歳以上の高齢者の割合は実に全体の約4分の1、しかも高齢化は今も進む一方です。
(参考:総務省統計局

そんな中、年々市場規模を拡大しているのが配食サービスです。

配食業界は2009年から20014年までの6年間で1.8倍の伸び率を記録しており、高齢化が進む中でより需要が高まっています。
(参考:配食事業の動向等について

このように注目が集まる配食事業ですが、普段この言葉を聞き慣れない皆様にとってはこのような疑問が生まれるのでは無いでしょうか?

「配食ってどんなもの?」
「配食サービスって何のために利用するの?」

配食サービスはただ単に食べ物が届くだけではなく、多くの食の便利さや楽しさを利用者に与えてくれるものです。
今回の記事では、配食サービスについて詳しく解説していき、どのように食生活が便利に、楽しいものになるのかを解説していきます。
ぜひ興味を持っていただければ幸いです。

配食サービスって何?

配食サービスとは、調理済みの食事を自宅に配送するサービスのことを言います。
事業者の多くは民間業者と社会福祉法人で、市町村が配食サービスを運営している場合もあります。

特に高齢者が利用するケースが多いため、健康に配慮されたものが非常に多いのが特徴で、管理栄養士が監修を務める事業者もあります。

配食サービスはどのような人が利用しているのか

高齢者の方が配食サービスを利用することが多いとお話ししましたが、実際に配食サービスを利用する方にはどのような特徴があるのでしょうか。

利用者の特徴

利用者のアンケート調査(配食サービス利用者の利用動向)によると、配食サービスの利用者の90%以上が、65歳以上の高齢者となっています。
特に多いのは75〜84歳の利用者で、全体の約半数を占めております。

自分でいっさい食事を準備することができない、介護が必要な高齢者の方が利用するイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、実際は元気な方も多く利用されています。

同調査によると、利用者の4人に1人が要介護認定のない健康な方で、利用者のうち6割以上の方が要介護認定なし・要支援1・要支援2の比較的自立した方であることがわかっています。

要介護認定について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
要介護認定って何?どうやって申請するの?

このような方々に利用される配食サービスですが、どのような目的で利用されているのでしょうか。

なぜ配食サービスを使うのか

配食サービスを利用する理由として、最も多いのは栄養管理です。
高齢者の方にとって、食事制限で悩んでいる方は多いことでしょう。
なぜなら、食事制限は、食事を食べる人にとっても作る人にとってもつらいものだからです。

食事制限によって、カロリーや塩分を制限されると、口に運ぶものすべての栄養素を管理しなくてはいけません。
料理するとなるとなおさら大変で、材料ひとつひとつの栄養素を計算して料理する必要があります。

ご家族で暮らしている場合は、一人分だけ別に制限食を作る必要がありますし、減塩すると味が薄くて物足りなく感じてしまうでしょう。

配食サービスは、このような食事制限に悩む高齢者の方や、食事を用意する方にとって非常に便利なものです。
なぜなら、グラム単位で調味料を量らなくても、適切な栄養素によって作られた美味しい料理が食べられるからです。

このように、食事制限のある方にとって非常に強い味方となる配食サービスですが、実はそこまで厳しく食事を制限されていない方にも利用されています。

配食サービスによって届く食事は、高齢者の方でも食べやすいように、食材のやわらかさや大きさが工夫されており、安全な食事を準備することができますし、定期的に届けることによって別居中の祖父祖母の安否確認の役割を担うこともあります。

また、たまには台所に立たず楽をしたいという方も使用しているので、配食サービスは様々な目的で食べられていると言えます。

配食サービスの種類や費用

配食サービスには、弁当タイプと料理キットタイプの2種類があります。

弁当タイプは、届いたら調理せずにすぐ食べることができるのが利点です。

料理キットタイプはカット済みの食材が届き、フライパンの調理だけで食べることができます。こちらはできたての美味しさを楽しめるのが利点と言えるでしょう。

費用は配食サービス事業者によって異なりますが、1食あたり500円〜700円のものが多く、1食で1,000円を超える配食はあまり見受けられません。
自分で料理する場合の材料費や手間を考えると、かなり利用しやすいと感じられます。

配食サービスの利用者は、週4〜5食ペースで使用されている方が多いようです。
1食500円の場合は月10,000円程度になる計算です。

思ったよりも利用しやすいかも、と思う方も多いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は、配食サービスについて解説をさせていただきました。

・配食サービスとは調理済みの食事が届くサービスのことで、主に高齢者の食事に利用されている。
・配食サービスは要介護認定のない比較的健康な方にも利用されており、食事制限対策に便利なだけでなく、別居中のご家族の安否確認としても利用される。

日本は超高齢社会であり、あなたのご家族に介護が必要になる日も、そう遠くはないのかも知れません。
高齢者の方の食事は大変デリケートで、高齢者の方がご自身で用意するのもご家族の方が用意するのもとても大変です。

しかし、配食サービスを利用すれば、その負担は少し軽減することができるかも知れません。
また、食事制限でお悩みの方も、美味しい食事を手軽に楽しむことができるようになるかも知れません。

ぜひ、興味を持っていただけると幸いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事