近年、世界で「昆虫食」が注目を集めています。   

2013年に、国際連合食糧農業機関(FAO)が世界の食糧不足を救う打開策として、「昆虫食」を推奨すると発表したことをきっかけに、各国で流行し始めました。

現在の日本ではあまり馴染みのない「昆虫食」ですが、今後一般的になっていくと言われています。

今回は世界中で注目されている「昆虫食」について詳しくお伝えしていきます。

昆虫食とは?

昆虫食とは文字の通り、昆虫を食べることを指します。

現代の日本ではゲテモノとして扱われる昆虫食ですが、昔は日本でも昆虫は貴重なタンパク源として重宝されていました。

食材の保存技術や流通が発達し、新鮮な肉や魚がいつでも手に入るようになってからは、徐々に食べられることがなくなりましたが、一部地域では現在も珍味として食され続けています。

外国では昔も今も、昆虫食が盛んに行われている地域は多く、約20億人が昆虫を食べて生活しています。

昆虫食は新しい試みではなく、昔から一部地域では昆虫食は当たり前に行われていたのです。

なぜ昆虫食が推奨されるのか?

冒頭にも述べましたが、国際連合食糧農業機関(FAO)が将来の人口増加に伴う食糧不足を打開する方法として「昆虫食」を推奨しました。

世界中には様々な動物、植物が存在しますが、なぜ「昆虫」なのでしょうか?

その理由は、昆虫を活用すれば、環境面、健康面、社会面、経済面など多方面に渡り多くの利点があるからです。具体的な利点は以下です。

・飼料転換効率が高く、少ないエサでたくさん生産できる

飼料変換効率とは、摂取したエサの量に対してどれだけ体重が増加したかを示す値です。

鶏肉を1kg生産するために必要なエサは4.5kg、牛では25kgであるのに対して、コオロギでは2.1kgと言われています。※1

限られた資源で、より多くの動物性のタンパク源を生み出すことが可能になり、より多くの人口を養うことが可能になります。

・廃棄物をエサとし、環境に与える被害が少ない

世界では、家畜による環境汚染や森林の減少が問題となっていますが、昆虫の生産では環境に与える被害は少なく、その上食べ残しなどの人間の出した廃棄物などをエサにするため、地球温暖化対策としても役に立つと考えられています。

・昆虫は良質なタンパク質と、ミネラルを多く含む

昆虫に含まれる栄養素の半分程度は良質なタンパク質です。鉄分、亜鉛、銅、マグネシウム、リンなどのミネラルも、多く含まれます。

・生産や加工が簡単

昆虫を採取したり、養殖するために、莫大な土地や資本は必要ありません。全体を食べられる昆虫も多くいるため、加工も簡単で、一般的な他の飼料に比べて生産・加工のコストを低く抑えることができます。

先進国はもちろん、発展途上国でも生産可能で、貧困の人々の収入源にもなり得ます。

・飼料の代替に

大豆や穀物など一般的な飼料に比べて、昆虫は少ないコストで簡単に大量に生産することが可能です。

人口増加により需要が高まる動物性のタンパク源となる鳥や豚、牛などの飼料として昆虫を活用できれば、鳥などの肉の増産が可能になります。

すでに多くの国が昆虫を飼料として活用し始めており、近い将来、魚の養殖・養鶏で昆虫が飼料として当たり前に使われるようになると考えられています。

昆虫食の危険性

昆虫食と言うと、見た目に抵抗があるのは勿論ですが、衛生的に大丈夫なのか?という不安もありますよね。

糞尿など病原体・寄生中が存在する環境下で育った昆虫を、人間が口にするのは感染リスクを伴うため、加熱調理は絶対条件となります。

他の食材と同じように衛生的に生産されたものであれば、病原体が人間に伝播されたという報告はありません。まだ研究途上であり、これから更に調査をしていく必要がありますが、豚や鳥などに比べて動物源性感染症(BSEや鳥インフルエンザのような)が発生するリスクは低いとされており、適切に処理すれば安全に食べることが可能であると考えられています。

現段階で危惧されている昆虫食の危険性は、感染リスクの他にはアレルギー出現の可能性があることです。昆虫は無脊椎動物なのでエビや蟹などの甲殻類と同じようなアレルギー反応を誘発する恐れがあり※2、甲殻類アレルギーのある人は注意が必要です。

世界の主な食用昆虫

世界では約1900種類以上の昆虫類が食されているといいます。

FEOレポートによると、世界で最も食されている昆虫は甲虫類(コガネムシ目)で約31%、次いで毛虫・イモムシ類(チョウ目)18%、ハチ(アリ目)14%、バッタ類(バッタ目)13%で、その他にもセミやシロアリ、トンボ、ハエなどが主に食べられています。

海外で昆虫が食べられるのは、他に食べ物がないからではありません。昆虫の味を求めて食べる人が多く、特にモパニワームやツムギアリの幼虫は特に美味しいとして高額で取引されていたりします。

「昆虫食」への日本の反応は?

テレビでの特集、YouTuberが実食したりと、多くのメディアで取り上げられることが増えました。

ネット通販では一部の昆虫食商品が売り切れる事態も発生しています。

実際に食べるかどうか別にして、メディアに露出されることが増えた分、昆虫食に興味を持つ人も増えたのではないでしょうか。

現在、日本で昆虫食を取り上げるテレビ番組やYouTubeでは、罰ゲームまたはそれに近いニュアンスで利用されていることが多く、未だ食材として流行しているとは言えません。

しかし、海外で人気の「昆虫スナック」「昆虫おつまみ」を、「美味しい」とSNS上で絶賛する人も多く、そういった声が広まることで、日本でも昆虫食がより注目されていく可能性もあると考えられます。

飼料としての昆虫

世界各国で流行し、日本でも注目され始めているとはいえ、基本的に昆虫食を文化としない日本で、広く浸透するには時間がかかるでしょう。

鳥や豚、牛などの家畜の飼料として普及するのが先である可能性が高いと考えられます。

飼料になる昆虫の主なものとして、アメリカミズアブ(Black soldier fly)、イエバエ(Common housefly)、シロアリ等です。

アメリカミズアブは、家畜の糞の堆肥に多く発生するアブの一種です。この幼虫は堆肥の有害な細菌を減らしたり、含有する脂肪分をバイオディーゼルとして活用できる可能性があると言われており、その有用性が注目されています。FAOの報告書では、飼料としても、鳥、豚、養魚(ニジマス、ナマズ、デラビア)の飼育において良い成績を示していると紹介しています。

イエバエの幼虫は「ウジムシ」と呼ばれ我が国では大変嫌われていますが、熱帯地域などでは家畜のタンパク源として重宝されており、韓国で実際にブロイラーの肥育に効果的とされています。

その他の昆虫の飼料化も注目されており、土地が少なく資源の少ない日本でも利用し始められることでしょう。

まとめ

昆虫食を文化としない私たち日本人は、昆虫を食べることに強い抵抗があるため、すぐさま日常的に一般家庭の食卓にのぼる可能性は低いでしょう。

しかし、世界が注目している通り昆虫の有用性は明らかです。人間が食べる食材としての利用に抵抗があっても、「飼料」としては、近い将来活用されるようになるのではないでしょうか。

まとめ▼

・国際連合食糧農業機関(FAO)が将来の人口増加に伴う食糧不足を打開する方法として「昆虫食」を推奨した。

・それをきっかけに、現在世界で流行している。

・昆虫は少ないエサで、たくさん生産可能。環境にも優しい。

・栄養豊富な上に、低コストで多量に生産可能なため飼料の代替となる

・人間が昆虫そのものを食べたり、飼料として活用された結果、鳥や牛などの増産に繋がるため食糧危機を救うことに繋がる

・日本で親しまれるようになるには時間がかかりそう。

※1: FAO Forestry Paper, 171 (2013)

※2: Dobermann, Darja, J. A. Swift, and L. M. Field. "Opportunities and hurdles of edible insects for food and feed." Nutrition Bulletin 42.4 (2017): 293-308.

参考ページ

  1. Edible insects - Future prospects for food and feed security 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事