年齢を重ねた女性が男性同様に悩み始めるのが「薄毛」ではないでしょうか?

若い頃はボリュームがあっていろいろなヘアスタイルを楽しめたのに、いまでは頭皮を隠すことに一生懸命になっている女性は多いようです。

実は女性が薄毛になる原因や特徴は男性とは異なるため、正しい知識を付けておかなければ薄毛が進行したり、誤った対処法を続けてしまうことになりかねません。

そこで今回は、女性の薄毛は男性の薄毛(AGA)と何がどのように違うのかをご紹介したいと思います。

この記事を読むことで女性特有の薄毛のメカニズムや、男性の薄毛との違いを理解でき、正しい薄毛の対処法が可能になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

女性と男性で薄毛の特徴は違う

はじめに、女性の薄毛は男性の薄毛とどのような違いがあるのかを理解しましょう。

この違いを理解することで女性特有の正しい薄毛対策や治療に向けたアプローチがわかるようになります。

女性の薄毛の特徴

女性の薄毛は、初期段階では髪のハリやコシがなくなり始め、徐々に生え際や分け目を中心にして頭部全体の毛量が減ってくることが特徴です。また、髪の毛が細くなることも女性の薄毛の典型的な特徴です。

薄毛の症状には個人差がありますが、早い人では30歳代から髪の毛の衰えを実感し始め、閉経後に薄毛が進行するケースもあります。なかには、妊娠や出産を機に薄毛になる人もいますが、この場合は一時的な症状が多いといわれています。

男性の薄毛の特徴

女性の薄毛とは対照的に、男性の薄毛は頭部の特定箇所(つむじ、前頭部、頭頂部など)の毛量が減ることが特徴です。

よく知られているところでは「M字」や「O型」などがあり、いずれも頭部の特定箇所だけが薄毛になります。

男性の場合、髪の毛が成長段階で抜け落ちてしまう特徴もあります。この背景にはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの減少があり、髪の細胞の増殖機能低下に影響しています。

男性の薄毛(AGA)についてはこちら

男性の薄毛は女性とは異なり、髪の毛の成長そのものに影響することが特徴です。

女性の薄毛が進行する際の前兆

女性も男性も薄毛が進行する前兆として「頭皮が硬くなる」や「抜け毛が増える」などの傾向があります。

さらに女性の場合は、日頃のヘアセットの際に切れ毛が目立ち始めたり、トップのボリュームを出せなくなるということも前兆と考えましょう。

これらの症状は髪の毛のハリやコシの弱体化に関係しており、薄毛が始まるサインといわれています。女性は髪の毛の元気がなくなってきたと感じた時点で薄毛の可能性を認識することが大切です。

女性の薄毛の原因はホルモン?

女性の薄毛の原因は大きく分けて4つに分類されます。薄毛になる原因を理解して、日頃の生活習慣やヘアケアの見直しに役立ててください。

女性ホルモン・エストロゲンの減少

年齢を重ねた女性が薄毛になる最も大きな原因とされるのが、女性ホルモンのエストロゲンが減少することです。エストロゲンはコラーゲンやケラチンなど髪の毛や肌に欠かせない成分の生成を担っています。

エストロゲンは「女性らしさ」を維持するために必要なホルモンの一種で、30歳後半から卵巣機能低下に合わせるようにして減少する傾向があります。特に閉経後はエストロゲンの分泌が著しく減少するため、薄毛が進行しやすくなるのです。

カラーリングやパーマによるダメージ

女性が薄毛になる原因として忘れてはいけないのが、カラーリングやパーマなどによるダメージです。

なかでもカラーリングは髪の毛や頭皮に対する負担が大きく、髪の毛の成長を妨げます。一般的に使用されているアルカリ性のヘアカラー用薬剤は頭皮に蓄積しやすいため、2-3ヶ月に一度程度のペースが望ましいとされています。

仮に、月に1回程度の頻度でカラーリングやパーマを利用している人は薄毛になる可能性が高まります。

過度なヘアケア

髪の毛を労り過ぎることも薄毛に繋がります。頭皮を清潔にしようと1日に複数回洗髪をしたり、薄毛を気にし過ぎて規定量以上に育毛剤を使うなど、過度に労ることは逆効果です。

過度なヘアケアは本来頭皮に必要な皮脂までも取り除いてしまうため、髪の毛や頭皮の健康状態の悪化を招きます。

ストレス

ストレスも女性が薄毛になる原因のひとつです。

ストレスと薄毛の直接的な因果関係は証明されていませんが、ストレスを感じた時に起こる血管の収縮によって頭皮に十分な血液(栄養)が回らなくなって薄毛を発症すると考えられています。ストレス=血行不良=薄毛という関係があることを覚えておきましょう。

このように女性の薄毛はエストロゲンの減少、カラーリングやパーマによるダメージ、過度なヘアケア、そしてストレスなど4つの複合的な要素が原因とされています。

これらの要因を正しく理解し、適切な薄毛の対処法に役立ててください。

女性の薄毛の治療法は?

ここでは女性の薄毛に関する治療法をご紹介します。

薄毛の治療法としておすすめしたいのが、頭髪治療専門のクリニックや皮膚科、内科で受けられるFAGA治療(女性男性型脱毛症)です。

また、家庭で取り組める食事法運動法などもあるのでご自身のライフスタイルに合わせて、手軽なものから取り入れるとよいでしょう。

FAGA治療(女性男性型脱毛症)

FAGAとはFeamel Androgenetic Alopesiaの頭文字を取ったもので、抜け毛を促進する男性ホルモンの増加や遺伝子によって薄毛になる症状のことを指します。(疾患ではありません)

FAGAの治療には主に「薬による治療」や「生活習慣の見直しによる治療(食事療法や運動療法)」などがあります。

なかでも、薬による治療は手軽さや効果の高さに長けているため薄毛の治療法としておすすめです。

FAGA治療では主に以下のような薬が使用されています。

スピロノラクトン

スピロノラクトン(Spironolactone)は抜け毛の原因となる男性ホルモン(テストステロン)を抑制し、女性ホルモンを優位にすることで髪の成長を正常化させる内服薬です。

スピロノラクトンはFAGAの特効薬とされるほど広く知られていますが、乳がんの発生リスクが高まるとの危険性が指摘されました。

しかし、イギリスやデンマークで合計260万人以上の女性を対象にした研究でスピロノラクトンと乳がんの発生に因果関係はないと結論付けられています。

1日に25mgから100mgまでの低容量であれば副作用の心配はなく、長期的なFAGA治療にも向いているとされています。

パントガール

パントガール(Pantogar)は世界で初めて「抜け毛・薄毛の効果と安全性」が認められた女性用育毛剤(内服薬)です。

パントガールはドイツで有効性が実証され、女性のびまん性脱毛症、分娩後脱毛症、白髪予防、薄毛などに効果があるとされています。

髪の毛の成長に必要な栄養成分のアミノ酸、たんぱく質、ビタミンB群L-シスチン、ケラチン、D-パントテン酸カルシウムが含まれており、発毛効果が高いことが特徴です。

ミノキシジル

ミノキシジルは血管拡張作用がある薄毛治療の代表的な薬です。もともとは男性の薄毛治療で使われていましたが、女性の薄毛治療にも効果が認められています。

ミノキシジルは頭皮に直接つけるローションタイプ(外用薬)が主流で、リアップリジェンヌ、ロゲイン(女性用)、フォリックス FR02などの商品名で流通しています。

女性の薄毛治療にはミノキシジル含有量が2%程度のものを長期的に使用するのが望ましいとされています。

食事療法

女性の薄毛対策としておすすめしたいのが食事療法です。薄毛には「タンパク質」「ミネラル(亜鉛)」「ビタミン」の3大栄養素が効果的とされており、これらをバランスよく摂取することを意識しましょう。

タンパク質は髪の毛を構成するケラチンを作り出す重要な栄養素です。お肉や魚、卵、乳製品などに多く含まれており、比較的摂取しやすい栄養素と言えるでしょう。

ミネラル(亜鉛)は髪の毛を作る毛母細胞の活性化に役立ち、女性にとっては髪の毛の成長を阻害する男性ホルモンの発生を抑える働きもあります。納豆、ナッツ類、豚レバーなどを通じて摂取可能です。

最後に、ビタミンの摂取も心がけましょう。薄毛対策には数あるビタミンのなかでもビタミンAとビタミンBのふたつが重要で、人参やかぼちゃ、あさり、しいたけなど野菜を中心に摂取可能です。

運動療法

女性の薄毛はストレスや慢性的な血行不良が影響しています。そのため、血行不良を改善することが大切です。血行不良の解消には、1日30分から60分程度のウォーキングを習慣化することが効果的です。

ウォーキング以外にもヨガやピラティスなども有効ですので、運動を習慣化することを心がけてください。

まとめ

・女性の薄毛は男性とは原因や特徴が違う

・女性が薄毛になるのはホルモン、カラーリング、過度なヘアケア、ストレスが主な原因

・女性の薄毛治療はFAGA治療、食事、運動などがおすすめ

女性の薄毛は男性とは原因や特徴も異なります。薄毛の初期症状を実感したら食事や運動などの生活習慣を見直しましょう。さらに、心配であればFAGA治療も視野に入れてください。

まずは、女性特有の薄毛の原因を正しく理解することが大切ですよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事