感染症が流行するとよく耳にする「次亜塩素酸ナトリウム」

アルコール消毒液と並び、殺菌効果が高い液体ということで知られています。しかしあまり馴染みがなく、どのように作るのか、利用するのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

ほとんど知られていませんが、次亜塩素酸ナトリウム液は自宅で作ることができます。実際に多くのご家庭や病院では、次亜塩素酸ナトリウム液を自作して消毒に使用しているところも。

そこでこの記事では、次亜塩素酸ナトリウムについて、利用方法、自作する方法と注意点についてご紹介します。

この記事を確認すれば、今日からでも次亜塩素酸ナトリウム液を利用することができるはずです。

次亜塩素酸ナトリウムとは?

次亜塩素酸ナトリウムとは、プールや水道の殺菌にも用いられる一般的な殺菌作用のある水溶液です。家庭では塩素系漂白剤(ハイターなど)や食器の殺菌剤に使われています。

適切に薄めて使うことで、細菌やウイルスに効果があります。そのため医療現場では、医療機器や衣類に使用されることも。

しかし家庭で使う塩素系漂白剤には「混ぜるな危険」、と記載されているのを見ることがあるでしょう。なぜなら次亜塩素酸ナトリウムは酸性の物質と混ぜることで、有毒なガスを発生するからです。

そのため使用時には十分な注意が必要です。下記では、次亜塩素酸ナトリウムの使用上の注意についても紹介します。

有効なウイルスや細菌

次亜塩素酸ナトリウム液が特に有効といわれているウイルスは「ノロウイルス」です。(*1-1)ノロウイルスは一般的な他の細菌やウイルスのように、アルコール消毒や逆性石鹸では不活化できません。(*2-1)

しかし感染力が非常に高く、感染している人の排泄物からも感染します。そういった感染リスクのある場所に対し、この次亜塩素酸ナトリウム液を用いて消毒を行います。

特に12月から1月にピークを迎え、冬に毎年流行しているノロウイルス。(*1-2)アルコール消毒では効果がないという知識を持ち、次亜塩素酸ナトリウム液で適切な消毒を行いましょう。

ノロウイルスについての詳細はこちら

ノロウイルスの他にも、「B型肝炎ウイルス」「結核菌」「コロナウイルス」や一般細菌と広範囲の微生物にも有効です。

そのため基本的な家庭での消毒や殺菌、リネン類の洗濯では有効な消毒剤といえます。口にする食器類にも使用でき、安全性の高い水溶液です。

アルコールが有効なウイルスや細菌とは?

日常で使うことの多いアルコール消毒は、芽胞(耐久性の高い構造)を持つ細菌以外の微生物に有効です。そのため流行しやすいインフルエンザやコロナウイルスに効果があります。

特に揮発性が高く乾きやすいことから、手指消毒に多く使われます。家庭でも扱いやすいため、一般的に使われる消毒剤です。

利用する場面や方法は?

次亜塩素酸ナトリウム液を利用する主な場面は以下の通りです。

  • 調理器具の殺菌に使用する
    洗剤で汚れを十分に落とした後、0.02%の次亜塩素酸ナトリウム液に浸す。(*1-3)
  • ドアノブや便座をふき取り消毒する(*3-1)
    0.02%の溶液を作り、布に浸してふき取る。
  • 吐物や便などの排泄物の処理を行う
    0.02%の次亜塩素酸ナトリウム液で、排泄物を取り除いた後をふき取る。ふき取る際は浸すようにして、その後水拭きする。(*1-4)
    処理した吐物や便は袋に入れ、0.1%(1000ppm)の次亜塩素酸ナトリウム液で浸すことで処理後の感染を防ぐ効果がある。
  • 汚染された衣類の消毒に使用する
    次亜塩素酸ナトリウム液で揉み洗い、もしくは浸け置きする。その際、事前に汚れを十分に落としておく。

と、このように使用することができます。殺菌力も高く優秀な水溶液ですが、その分注意する点も多いです。

下記で紹介する濃度や注意点を確認し、適切に利用しましょう。

次亜塩素酸ナトリウム液の作り方

頻繁に利用する0.02%(200ppm)の次亜塩素酸ナトリウム液の作り方は、以下の通りです。

  1. 市販の塩素系漂白剤を用意する。(濃度約5%程度)
  2. 5Lの水を準備する。
  3. 塩素系漂白剤20mlと5Lの水を混ぜ合わせる。
  4. 250倍希釈され、約5Lの次亜塩素酸ナトリウム液が完成。(*2-2)

濃度は、汚染の少ない箇所の消毒は0.02%で問題ありません。汚染の激しい箇所に関しては、0.02~0.05%の間で調節しましょう。

また、排泄物(吐物や便)を処理した後次亜塩素酸ナトリウム液に浸したい場合は、0.1%(1000ppm)程度の濃度が望ましいです。(*2-3)

希釈する容器は、ペットボトルなどのプラスチック製品で問題ありません。しかし誤って飲まないためにも、子どもの手の届かないところに希釈液と分かりやすく保管してください。

この次亜塩素酸ナトリウム液は、時間が経てば経つほど効果も減少します。(*3-2)そのため、長期間の保管には向いていません。

使いたい場合は、その都度塩素系漂白剤で自作しの場で使い切るようにしてください。また、劣化を防ぐためにも直射日光は避ける必要があります。

商品として購入できる?

次亜塩素酸ナトリウム液は自宅でも簡単に自作できますが、商品として購入することも可能です。

自宅で作る場合は効果が長持ちしませんが、商品の中には持続的に効果を得られるものも。そのため扱いに困るという方は、購入することもおすすめです。

  • 安定化次亜塩素酸水 300ml
  • 除菌 次亜塩素酸水 ジアファイン スプレーボトル
  • 次亜塩素酸水 スプレー OXミスト

こういった商品は、自作する必要もなく安全性が高いため小さい子どものいる家庭にもおすすめです。

特にスプレーとして使いたい場合や常に置いておきたいという方は、ぜひ市販の次亜塩素酸ナトリウム液もチェックしてみてください。

取り扱いでの注意点

次亜塩素酸ナトリウム液は取り扱いが難しいため、以下の注意点を確認し利用するようにしてください。

  • 手指消毒には使わない。
    次亜塩素酸ナトリウムはたんぱく質を溶かす効果があり、手指消毒に使うと皮膚を溶かす危険性がある。
  • 通気性のいい、換気できる場所で使用する。
    有毒ガスを発生する危険があるため、十分な換気が必要。
  • 酸性のものと混ぜない。
    有毒ガスが発生する。(*3-3)特にトイレに使われるような洗剤と一緒に使わない。
  • 使用する商品によって濃度が異なる
    濃度を確認し、適切に希釈して使用する必要がある。
  • 使う場所の汚れを事前に落とす。
    有機物により消毒効果が減少するため、あらかじめ汚れを十分に落として使用する。
  • 使用時は長袖を着て手袋、ゴーグルを着ける。
    目に触れると失明の可能性も。できるだけ身体に触れないようにする。触れた場合は、十分に水で洗い流す。

これらに注意する必要があります。アルコール消毒のように、気軽に使うことはできません。

しかし適切に使用すれば、高い消毒効果を得ることが可能です。またアルコール消毒では効果が薄い、ノロウイルスやロタウイルスにも効果を発揮します。

非常に不安定な水溶液であるため、温度変化が激しい場所や直射日光は避けて保管しなければいけません。また紹介したように、長期保存にも不向きです。

日常的に使用したい場合は、これらの注意点をしっかり確認しておきましょう。

まとめ

  • 次亜塩素酸ナトリウムとは:消毒効果の高い水溶液で、特にノロウイルスやロタウイルスに効果を発揮する。
  • 次亜塩素酸ナトリウムを利用する場面:ドアノブや便器の消毒、食器や衣類の殺菌、排泄物の処理などに利用できる。
  • 次亜塩素酸ナトリウム液を使用する場合の注意点:たんぱく質を溶かすため、手や目に触れないようにする。また、有毒ガスが発生するため酸と混ぜない。

これらのポイントを押さえていれば、次亜塩素酸ナトリウム液を有効に使うことが可能です。特にアルコール消毒が効かない「ノロウイルス」が流行する時期は、家庭でも活躍するでしょう。

子どものいる家庭やノロウイルス対策を行いたい場合、食器の殺菌を行いたい方など、アルコール消毒液では解決できないという悩みは、「次亜塩素酸ナトリウム液」を使うことで解決できるはずです。

「看護師 油谷美久」

(*1)厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」
https://www.fsc.go.jp/sonota/dokukesi-norovirus.html
(*2)食品安全委員会「ノロウイルスの消毒方法」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html#17
(*3)目黒区「次亜塩素酸ナトリウム液の作り方」 https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/yobo/jiaensosannatoriumuekinotukurika.html

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事