「人生の最期を自分らしく迎えたい・・・・・・」

シニア世代になると、自分の人生の後半をいかに生きるか、そして死後のことをどう家族に託すか、考えはじめる時期を迎えます。

最近は「終活」という言葉が広まって、元気なうちに人生の整理をしておこうという人が増えてきました。

この記事では、自分らしい人生の終わり方をするにはどのような準備が必要かについてまとめてご紹介します。

終活とは

終活は人生の後半を楽しみながら、自分の死後をイメージして準備しておくことです。自分の生き方としてどういう最期を迎えたいか、家族に対する思いをどうかたちにするかなど、幅広いジャンルで備えておきます。

終活という言葉がメディアで取り上げられるようになった頃は、自分の思い描くお葬式を挙げてもらえるように生前に家族や葬儀社に伝えておいたり、お墓を用意していたり、まさしく人生の最期にスポットを当てたイメージが強くありました。

しかし、現在では気軽に自分の気持ちを遺せるエンディングノートを作成するのをはじめ、資産や保険の整理、身の回りの物の処分、どういった医療や介護を受けたいかなど、非常に幅広いジャンルが終活の対象となっています。

終活のメリットとは

終活をしておくと、自分が亡くなった後、家族があわてることなく葬儀やお墓、相続などでかかる負担が軽くなります。元気なうちに医療や介護の希望がはっきりしていれば病気やケガにどう対応すればいいか家族も安心できます。また、遺言書を作成しておくと相続のもめごとも避けられます。

また、終活では保険や資産の整理も行うので、自分の人生を振り返ってスリムな老後を送れます。本当に必要なものは何かを考えながらお金だけでなく身の回りの持ち物の整理もしていくと、これまでの生き方を振り返りながら、シンプルな生活を送れます。

そして、人生を振り返る機会が増えるので、これまでやりたくてもやれなかったことに再チャレンジしたり、心残りのあることを済ませておいたり、人生の充実度がアップしてやりがいや生きる目標が生まれます。

このように、終活は、単に残された家族の負担を軽減するといっただけではなくて、自分の人生の整理を通して人生の後半をよりよく生きるのにも役立つものなのです。

終活でやっておきたい5つのジャンル

ここからは終活でよく行われるものをジャンル別にご紹介します。

相続・遺言

生前に相続について決めておくと、死後、家族間で揉める原因をなくせます。

終活では、遺言書を作成して相続人や相続財産を明確にさせておくのがポイントです。また、相続税などの税金対策や借金がある場合の対応も時間をかけて準備できます。

遺言書は、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があって、もっとも簡単なものは自筆証書遺言です。自分で遺言書を作成できるので誰でも手間がかからない分、発見されない可能性がある、書式に則っていないと無効になる場合がある、などデメリットもあります。

もっとも終活でおすすめされるのは、公正証書遺言です。公証人の下、遺言書を作成するので時間や費用はかかりますが、改ざんや紛失のおそれがないので安全で確実な遺言書といえます。

詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

自分の遺志を伝えるという点では、エンディングノートの活用も広がっています。遺言書と違って法的な効力はないものの、自分の人生をまとめて、医療や介護の希望、死後との取り扱いなど、自由に思いを伝えらるメリットがあります。

保険

死亡保険でどのくらい保険金を受け取れるのかを意識しながら、葬儀やお墓に必要なお金を残すために活用されます。

最近は死亡時生命保険と呼ばれる葬儀費用の用意に向いた保険商品もあるので、終活をイメージしたものもおすすめです。

こちらの記事で生命保険と医療保険に関する詳しい解説をしています。

資産

預貯金や株式、投資信託など金融商品をはじめ土地や建物の不動産などさまざまな資産の整理をします。
相続税対策で事前に家族の名義への登記変更や賃貸物件の購入など、さまざまなアプローチがあります。

不動産を事前に売ってしまって、その売買益を生活費に充てるリースバックを利用する方も増えてきています。

このほか、自動車や貴金属を前もって形見分けする、身の回りの品の処分をしたり、誰かに譲っておくのもポイントです。

相続税と贈与税、どちらを選択するのが最良かという疑問には、こちらの記事で詳しく解説しています。

また、身の回りの物やご自身のコレクションなどの目録を作成(生前整理)したり、自身の戒名などを生前に準備しておくことで無駄な費用や損失を防ぐことができます。

葬儀・お墓

お葬式をするのかしないのかから考えます。お葬式をするなら挙げる場所や人数や費用の規模などを考えておきます。事前に費用感を知ることができるので、いざという時に慌てて余計な出費をしなくて済みます。
また、死後、スムーズに理想のお葬式ができるように、葬儀社と打ち合わせをしておく、会員に加入するといった方法もおすすめです。

正しい葬儀会社の選び方についての詳しい解説はこちらの記事を参考になさって下さい。

葬儀にも様々な選択肢があります。こちらの記事も参考にしてみて下さい。

お墓も新しく建てる必要があるのか、今の墓に入るのかを家族で話し合っておきましょう。

医療・介護

急病や大けがで意識がなくなった、自分の遺志を伝えられない、といった場合に、延命治療を含めた治療の希望をまとめておきます。
また、介護が必要になったときは家族に頼むのか、介護施設に入所するのかといった意思も決めておくとよいでしょう。

一口に介護といっても様々な段階があります。

介護認定の段階によって受けられる行政サービスが異なりますので、一度調べてみるのもいいかもしれません。要介護認定についてまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみて下さい。

老人ホームやデイケアの違いも知っておきたいポイントです。

詳しい解説をした記事もありますので、そちらもご覧下さい。

相談窓口も増えている

最近は、終活相談を受け付ける窓口も増えてきています。
たとえば、次のようなところで終活を相談できます。

弁護士・司法書士など

遺言や相続、不動産の登記など法律やその手続きの相談に乗ってくれます。
相続税対策なら税理士も終活に関わる専門家です。

ファイナンシャルプランナー

資産や不動産の整理の相談を受け付けます。また、保険や医療のお金の面でアドバイスを行っています。

終活カウンセラーなど

終活に関する民間資格には、終活カウンセラー、終活アドバイザー、終活ライフケアプランナーなどがあります。

それぞれ、幅広いジャンルで終活の相談を受け付けていて、必要に応じて専門家や金融機関、葬儀社などを紹介します。

葬儀社

葬儀やお墓に関する相談に向いています。最近増えている規模の小さい家族葬や直葬にするか、それとも一般的な葬儀が希望なのかからはじめて、細かなお葬式の内容をアドバイスします。

終活相談センター

市町村単位で葬儀相談センター委員会が運営する公的な終活の相談窓口です。終活の幅広い相談を受け付けるほか、定期的にイベントや無料相談などを実施しています。

まとめ

・終活は残された家族の負担を減らすことができる
・終活を通して自分の人生を振り返ることができる
・後半の人生のやりがいや目標が生まれる
・終活の相談窓口には専門家や葬儀社、終活相談セミナーのほか民間資格の終活カウンセラーなどがある

人生の後半を生きがいを持って暮らせるためにおすすめの終活。
残される家族のためだけでなく、自分の生き方を振り返って、新たな気持ちで日々を暮らすのにも役立ちます。

まずはエンディングノートのような気軽にツールを使って今後のことを考えてみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事