2012年に山中伸弥教授がノーベル賞を獲得したことをきっかけに、国内での認知が高まった再生医療分野。

幼児になる前の胚から作るES細胞や、一度成熟した細胞を未分化な状態に戻して作られたiPS細胞と、実用に向けた幹細胞の研究に、世界中から注目が集まっています。

このように細胞に直接働きかけて活性化させる“幹細胞”は、再生医療において無くてはならない存在です。

なかでも皮膚から容易に採取できるヒト幹細胞は、他の幹細胞に比べてがん化などの恐れが低く、治療への応用もしやすいことから実用化が進んでいます。

近年では美容業界も、このヒト幹細胞の「細胞を活性化させる」という特性に着目。

アンチエイジングに向けた新たなスキンケア技術として、最先端の美容医学の場での活用が始まっています。

ヒト幹細胞が持つ驚くべき効果と、活用が進む医療美容業界での現状をお伝えします。

植物幹細胞になくてヒト幹細胞にあるもの

幹細胞とは

幹細胞とは、分裂して自分と同じ細胞を作る自己複製能と、様々な細胞に分化し際限なく増殖する多分化能を合わせ持つ、特殊な細胞のことです。

あらゆる細胞の基礎と成りえることから、全ての細胞の母ともいわれています。

細胞の表面には特定の形をした鍵穴(レセプター)があり、それにぴったり合う鍵(リガンド)となる物質が結びついて、細胞の活性が始まります。

幹細胞の種類

幹細胞には大きく分けて動物幹細胞植物幹細胞ヒト幹細胞の3つがあります。

動物幹細胞は、ヒトの皮膚幹細胞と似ているといわれるヒツジ由来のものが殆どです。
ここではヒツジの胎盤や幼ヒツジの毛根から採取した幹細胞のことを指します。

ただし体質によるアレルギー反応などが懸念されているため、現在国内には出回っていません。

植物幹細胞は、リンゴやアルガンツリー、アサガオやローズといった特定の植物の根や葉に成長していく前の未分化状態の細胞のことです。

植物由来の幹細胞化粧品は傷ついた細胞を再生させる力を持ち、抗酸化作用や保湿効果があるといわれています。

しかし、そもそも植物の幹細胞にはレセプターとリガンドの仕組みがありません。

加えてヒトと植物では、細胞を活性化させる仕組みが異なるため、植物幹細胞がヒトの細胞に対してどのように作用し、植物由来の幹細胞培養液がどれくらい有効なのかは明らかでない点も多いのです。

ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養液が持つ力

それに対してヒトの皮下脂肪から採取したヒト幹細胞は、再生医療にも用いられている安全性の高い細胞です。

もともとヒトの体内にある細胞で、組織を修復および再生させる力を持つため、末期がんの治療や骨髄移植にも使われています。

このヒト幹細胞やそこから分泌されるペプチドと呼ばれる成分を精製したヒト幹細胞培養液(ADSC-CM)には、レセプターに一致するリガンドとなる成長因子などのサイトカイン(細胞から分泌される情報伝達物質)そのものが含まれていることがわかっています。

つまりヒト幹細胞培養液は、動物幹細胞や植物幹細胞とは異なり、ヒトの細胞を活性化させることができます。

さらにヒト幹細胞培養液は他にも、TGF(形質転換成長因子)やFGF(線維芽細胞成長因子)といった多くの成長因子を豊富に含んでいます。

以上のことからヒト幹細胞を培養したヒト幹細胞培養液にも、皮膚の老化と損傷を防ぎ、皮膚組織の再生を促進する効果があるとされています。

ヒト幹細胞培養液の効能

ヒト幹細胞培養液に含まれる美容成分

最先端の再生医療現場で注目を集めているヒト幹細胞培養液は、ヒト幹細胞が分泌する多様な生理的活性効果を持つペプチドを精製した美容成分で、主成分はアミノ酸です。

アミノ酸は肌にハリを与えてくれるコラーゲンのもとであり、肌に潤いを与えてくれます。

ペプチドは幾つものアミノ酸が複雑な形で結合したものです。

ヒト幹細胞培養液はもともと、ヒト由来の幹細胞を培養する時に分泌されているため、幹細胞を刺激して、分裂や分化を促す作用を持っています。

また細胞の受容体と結びつくことで細胞を活性化させる様々な生理活性物質(インターロイキンやSODなどの酵素)や、肌組織を再生させるために重要で欠かすことの出来ない細胞外蛋白質成分(コラ ーゲンやヒアルロン酸など)を豊富に含んでいることも特徴です。

ヒト幹細胞培養液の活用例

ヒト幹細胞培養液は、日本では主に美肌再生治療の分野で活用されています。

ヒト幹細胞培養液を含んだ幹細胞コスメは、これまでのような肌に美容成分を与えるスキンケアではなく、細胞に直接働きかける次世代型スキンケアとして注目されているアイテムです。

米国や韓国ではヒト幹細胞培養液は既に化粧品成分として広く認知されており、同成分を配合した化粧品は、アンチエイジング効果が期待されるとして人気を集めています。

また美容効果以外にも抗老化効果や組織再生効果、発毛・増毛促進効果が期待されるため、頭髪の発毛治療などにも用いられています。

抗酸化作用が強く、しわ予防やたるみ改善に効果的といわれるヒト幹細胞培養液。

今後、アンチエイジングを初めとした化粧品の有用成分としての可能性がより一層期待されています。

まとめ

  • 幹細胞は大きく分けて動物幹細胞、植物幹細胞、ヒト幹細胞の3つ
  • ヒト幹細胞には成長因子が豊富に含まれており、ヒトの細胞を活性化させる効果がある
  • ヒト幹細胞を培養した際に分泌される液=ヒト幹細胞培養液
  • ヒト幹細胞培養液=主成分をアミノ酸とした美容成分、皮膚の老化と損傷を防ぎ肌組織の再生を促す効果がある
  • ヒト幹細胞培養液を含んだ化粧品(幹細胞コスメ)はアンチエイジングに強いスキンケアアイテムとして人気

ヒト幹細胞培養液を使ったコスメはまだまだ展開が始まったばかり。

今までのスキンケアと全く異なったアプローチで美肌を目指す幹細胞コスメは、日本で今後さらなる人気が出ることが予想されます。

とはいえヒト幹細胞培養液は、肌の細胞を活性化させる特徴から効果を実感するまでに時間がかかるというデメリットも。

原料の安全性や安定性も必ずチェックして、長期的な視点で取り組むことが大切です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事