日本人のおよそ3人にひとりが癌が原因でなくなる時代となった昨今、「癌になりたくない」「癌を予防したい」というのは、現代人にとって切実な悩みの1つではないでしょうか。

実は、パパイヤの葉に含まれる成分には、癌細胞の増殖を抑える働きのあることが分かってきており、医療機関や大学などによる共同研究が進められています。

また、パパイヤの葉には癌の進行を遅らせる効果だけでなく、生活習慣病の予防効果や、エイジングケア効果、美容効果など、様々な効果が期待されています。

そんなパパイヤの葉から作られた「パパイヤリーフティー」を日常の生活に取り入れることで、誰でも簡単に美味しく、健康効果と美容効果を得ることが可能です。

日本人の死因のトップが癌

1981年以降、日本人の死因のトップを癌が占め続けています。日本人のふたりにひとりが癌を患い、3人にひとりが癌によってなくなっているというデータもあります。ただ、癌は細菌やウイルスのように外部からもたらされる訳ではありません。

実は、健康な人の体内でも日々、5000個もの癌細胞が作られています。ただ、身体の免疫機能が正常に働いていれば、それらの癌細胞は免疫細胞によって攻撃され、死んでしまいます。ところが、免疫機能が衰えてくると、免疫細胞の攻撃から逃れる癌細胞が出てくるのです。

パパイヤの葉エキスで免疫力アップ!

パパイヤの葉から抽出されたエキスを癌細胞に注入すると、蛋白質の一種であるインターフェロンや、サイトカインの一種であるインターロイキン-12の産生量が増したということです。インターフェロンには、癌細胞の増殖を抑制する効果が期待されています。

また、インターロイキン-12は、発見当初「NK細胞刺激因子」と呼ばれていた頃からも分かるように、NK細胞の増殖を促す作用があります。NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことで、体内の癌細胞を見つけ次第、攻撃してくれる働きがあります。

つまり、パパイヤの葉から抽出されたエキスを摂取することによって、身体が本来持っている免疫機能を高めることが期待できるのです。それによって、癌細胞に負けない、また、癌になりにくい身体を手に入れることが可能とります。

パパイヤの葉でエイジングケア

パパイヤの葉には癌細胞の抑制に効果的な成分が含まれているだけでなく、エイジングケアに有効な成分も多く含まれています。その代表とも言えるのがポリフェノールです。ポリフェノールは自然界に存在するほとんどの植物に含まれています。

植物が成長するためには水と二酸化炭素、栄養、そして日光が必要なことはご存じだと思います。ただ、日光を浴びるということは、有害な紫外線を浴びるということでもあります。紫外線は人間だけでなく、植物や無機物にもダメージを与えます。

紫外線は可視光線よりも波長が短く、破壊力が強いことで知られています。ベランダの洗濯ばさみが時間を置くとぼろぼろになるのも、窓際に置いてあった本が変色するのも、全ては紫外線の仕業なのです。

そこで、植物は自らの内にポリフェノールを作りだし、有害な紫外線から身を守れるように進化したのです。紫外線によって皮膚癌や目の疾患のリスクが上がることはよく知られています。そこでパパイヤの葉エキスが役に立つのです。

パパイヤの葉エキスに含まれているポリフェノールは、それを摂取した人間にも恩恵を与えてくれます。つまり、パパイヤの葉エキスを摂取することで、エイジングケアが可能になるという訳なのです。

生活習慣病予防にもパパイヤの葉が効果的

パパイヤの葉エキスには、生活習慣病の予防効果があることも分かってきています。高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)といった疾患は、かつては遺伝が主な原因だと考えられていました。ところが、それらの疾患についての研究が進むにつれ、そもそもの生活習慣が原因となることも分かってきたのです。そのため、成人病という呼称が、生活習慣病という呼び方に変わった経緯があります。

パパイヤの葉エキスには、マグネシウムやカリウム、ビタミンE、カルシウム、鉄といったビタミンやミネラルが豊富に含まれています。マグネシウムやカリウムには、血栓ができるのを抑制し、血液の流れをスムーズにする作用があります。

人間は生まれた瞬間から動脈硬化のリスクにさらされることとなりますが、マグネシウムやカリウムを積極的に摂取することで、動脈硬化の進行を遅らせることが可能となるのです。また、ビタミンEには高い抗酸化作用があることで知られています。

酸素は私たちが生きていく上でなくてはならないものですが、過剰に摂取した酸素は活性酸素(フリーラジカル)となり、私たち自身の細胞を攻撃し始めます。そのことも、癌や生活習慣病のリスクを高めるとされています。

パパイヤの葉エキスに含まれるビタミンEを摂取することで、活性酸素の発生を抑制し、癌や生活習慣病になるリスクを下げることが可能となるのです。カルシウムや鉄には骨やコラーゲンを生成する作用があるため、骨粗鬆症などのリスクを下げることも期待できます。

パパイヤの葉には美容効果も

様々な健康効果が期待できるパパイヤの葉ですが、さらに美容効果も期待できることが分かっています。その理由として、パパイヤの葉がビタミンCやビタミンE、食物繊維を豊富に含むことがあげられます。ビタミンCには、コラーゲンを産生する働きがあります。コラーゲンは私たちの皮膚にとって欠かすことのできない成分であり、コラーゲンが不足することで、肌の張りやツヤが失われてしまいます。

また、ビタミンEには高い抗酸化作用があります。鉄が酸化すると錆びるように、私たちの肌も酸化することで老化してしまいます。ビタミンCやビタミンEを摂取することで、肌の老化を遅らせ、いつまでも若々しくいられるようになるのです。さらに、パパイヤの葉には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維を摂取することで、女性多くが悩まされている便秘の解消にもつながります。

まとめ

・パパイヤの葉から抽出されたエキスには、免疫力を高め、癌細胞の増殖を抑制する作用がある。

・生活習慣病の予防効果や美容効果も、パパイヤの葉から抽出されたエキスには期待されている。

パパイヤの葉には免疫力を高め、人間が本来持っている自然治癒力を向上させる働きがあります。また、健康だけでなく美容にも高い効果を発揮するため、健康的に美しく生きるためにぴったりの食品と言えます。医薬品と違って副作用の心配もないパパイヤの葉の必要性は、これからも一層高まっていくことでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事